メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

広がるブラックバイト問題

写真・図版:広がるブラックバイト問題 勤務管理の改善を申し入れるブラックバイトユニオンの関係者=東京都中央区  厚生労働省は5月、2015年12月から16年2月にかけて実施した高校生を対象にしたアルバイトに関する調査結果を発表した。結果によると、対象の高校生の約6割が労働条件を記載した書面を渡されないまま働いており、3割以上が労働条件をめぐるトラブルがあったと回答した。高校生にも広がったブラックバイト問題の実態と背景を探った。

Facebookでコメントする