メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

AIはどこまで人間の仕事を担えるのか

写真・図版:AIはどこまで人間の仕事を担えるのか 「予診票」作成のため、ロボットを使って症状を入力する=東京都千代田区  「2030年には日本の半分の人の仕事が人工知能(AI)に代替される」。野村総研などが昨年末に発表した試算結果が話題を呼んだ。囲碁の名人を破り、小説を書き、車を自動運転する、症状から病名を絞り治療方針を決定……様々な分野でAIの活用を伝えるニュースが増えている。AIはどこまで人間の仕事を担うことができるのか。

Facebookでコメントする