メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日銀の「総括的な検証」を検証する

写真・図版:日銀の「総括的な検証」を検証する 「総括的な検証」について講演する日本銀行の黒田東彦総裁  日本銀行はこれまでの政策の「総括的な検証」を行い、金融緩和の枠組みの修正を決めた。「物価上昇率2%」を目指したが達成できていないため、市場に流すお金の「量」を重視する政策から、「金利」を操作する政策に軸足を移す。黒田東彦総裁は枠組みの修正は「前向き」なものと強調するが、市場関係者らからは厳しい視線が向けられている。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする