メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

JAL更生計画、提出期限迫る

写真・図版:JAL更生計画、提出期限迫る  経営再建中の日本航空は8月31日までに更生計画案を提出します。1月19日の会社更生手続開始決定以来、安全運行を第一義に、徹底した構造改革に取り組んでいるとする同社。4~6月期決算では、7四半期ぶりに黒字を計上するなど、コスト削減は一定の効果を上げています。更生計画では、大手金融機関などに対し約5200億円の借金棒引きを要請。管財人である企業再生支援機構の瀬戸英雄委員長は金融機関の合意とりつけにめどがついたことを明らかにしています。一方、新規融資については金融機関が難色を示し続けており、予断を許しません。更生計画案を達成するには、大規模なリストラによる業績のV字回復が前提。更生計画案が債権者の同意を得られ、日航再生へのめどは立つのでしょうか。

Facebookでコメントする