メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

円高ではない。これはドル安だ

写真・図版:円高ではない。これはドル安だ  31日の日経平均株価は反落して9000円割れで始まった。下げ幅は一時、200円を超えた。円相場も84円台半ばで推移している。日本銀行が30日、臨時の金融政策決定会合を開き追加の金融緩和策を決め、政府も追加経済対策を打ち出したが、いずれも「想定内」「不十分」などと市場で受けとめられ、円高・株安の流れを変える力にはなっていない。エコノミストの浜矩子さんが、「今我々が目の当たりにしているのは、ドルに対する長年にわたる過大評価の歴史的大修正場面である」と、緊急寄稿。※写真は日経平均株価を伝えるボード。終値は今年最安値だった(31日午後2時過ぎ、東京・八重洲で)

このテーマについての記事

Facebookでコメントする