メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『ザ・ニュースペーパー』の面々も気の毒だ

青木るえか エッセイスト

 総理が新しくなるたびにテレビで見させられるのが、総理の似顔絵パッケージの饅頭を製造してる店にいって社長の話を聞くのと、「○○新総理の○○子夫人はこんな人」とかいって自宅近辺の商店主に新首相夫人賛美を語らせるやつ。判で押したように必ずコレ。ま、もうちょっとしたらなんでもかんでも叩きまくるのだから、最初ぐらいはご祝儀あげなきゃ、っていう意味での「ぬるま湯ネタ取材」なのだろう。今回の野田首相就任にあたってはドジョウ屋の主人インタビューという新機軸があった。……って、それ、新機軸でもなんでもない。  

 しかしあの饅頭の箱の似顔絵。似てない。たまに似てることがあってもださい。山藤章二の似顔絵塾ではぜったいに落とされるタイプの似顔絵。私は朝日新聞の生命線のひとつに「新閣僚紹介記事の、山藤さんが描いた全員の似顔絵」があると思っていて、山藤さんが引退なさった後が今から心配だ。考えなしに「手慣れた似顔絵イラストレーター」に頼まないでくれと今から強くお願いしておく。ナンシー関が生きてたら頼むんだが、現役の人ならいしいひさいちかなあ。実際に似てなくても「感じが似てる似顔絵」の名手だし。政治家の顔なんてのは「どういう感じのやつか」というのがわかるのが重要だから。

拡大菅直人首相(当時)に扮する「ザ・ニュースペーパー」の松下アキラさん(右)と石破茂政調会長に扮する福本ヒデさん=2011年7月、福岡市博多区で 

 話がそれた。それたけど少し関係ある。総理が新しくなるとテレビで見せられるものがもう一つある。『ザ・ニュースペーパー』の政治コント。  

 これを見るたびに(何しろここんところ新総理就任というのがたびたびあるので、必然彼らもそのたびに見ることになる)いろいろ考えさせられる。 ・・・ログインして読む
(残り:約1841文字/本文:約2505文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

青木るえかの記事

もっと見る