メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

9・11とパティ・スミス、3・11とキヨシロー、斉藤和義

近藤康太郎 朝日新聞諫早支局長

 2001年9月11日、ニューヨークに住んでいた。ツインタワーの南棟が崩れ落ちたとき、ちょうど真下近くにいて危うく死にかけたことは、あちこちで書いてメシの種にしてきたので、ここではふれない。

 ただ、あのとき一番ショックで、いつまでも感情のしこりになって長く尾を引いたのは、ほとんど毎晩のように飲み歩いていたクラブ、日本でいうところのライブハウスの空気が、がらりと変わってしまったことだった。

 ダウンタウンに住んでいたので、家の近所は軍隊に閉鎖されて、アパートに帰るのも検問を通らなければならない。クラブなんか、もちろん開いていない。1カ月以上たってようやく再開し始めたのだが、なにか、空気が違っている。どこのクラブに行っても、今までお目にかかったことのないアメリカ国旗がでかでか掲げてある。「United We Stand(ひとつになろう)」と書いてあるプラカードがある。長髪に革ジャンパーの客の背中に「アメリカを愛せ、でなきゃ故国(くに)に帰っちまえ」と書いているやつもいた。

 じきにアフガニスタンへの空爆が始まった。世界で一番豊かな国が、世界で最も貧しい国を爆撃し、民間人も殺している。ニューヨークは全米でもとくにリベラルな人たちが多いので知られる。小規模な反戦デモはたびたびあったが、ミュージシャンが何か声を上げているのは、まず見なかった。当然だろう。あのとき、観衆の前に出てきて、「空爆に反対だ」なんて言おうものなら、本当に袋だたきにあいそうな雰囲気だったのだ。

 そんなある晩、パンク歌手のパティ・スミスがダウンタウンで歌っていた。 ・・・ログインして読む
(残り:約1802文字/本文:約2472文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

近藤康太郎

近藤康太郎(こんどう・こうたろう) 朝日新聞諫早支局長

1963年、東京・渋谷生まれ。「アエラ」編集部、外報部、ニューヨーク支局、文化くらし報道部などを経て現在、長崎・諫早支局長。著書に『おいしい資本主義』(河出書房新社)、『成長のない社会で、わたしたちはいかに生きていくべきなのか』(水野和夫氏との共著、徳間書店)、『「あらすじ」だけで人生の意味が全部分かる世界の古典13』(講談社+α新書)、『リアルロック――日本語ROCK小事典』(三一書房)、『朝日新聞記者が書いた「アメリカ人が知らないアメリカ」』(講談社+α文庫)、『朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論』(講談社+α新書)、『朝日新聞記者が書けなかったアメリカの大汚点』(講談社+α新書」、『アメリカが知らないアメリカ――世界帝国を動かす深奥部の力』(講談社)、編著に『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』(文春文庫)がある。共著に『追跡リクルート疑惑――スクープ取材に燃えた121日』(朝日新聞社)、「日本ロック&フォークアルバム大全1968―1979」(音楽之友社)など。趣味、銭湯。短気。

近藤康太郎の記事

もっと見る