メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

AKBたちアイドルの握手会は過酷すぎる

鈴木京一 朝日新聞読書推進事務局長

●「感情労働」を強いられるアイドル

 加護亜依を最後に生で見たのは昨年春、名古屋の小さなライブハウスだった。ジャズのスタンダードナンバーを歌うツアーで、客は30~40人ほど。「一生ジャズを歌っていきたい」と言っていたが、ステージ運びはぎこちなく、「モーニング娘。」時代とは違って緊張が伺えた。

拡大名古屋城博をアピールする加護亜依(左。右は辻希美)=2004年10月、名古屋市で

 加護は12歳でモー娘に加入。グループ内ユニット「ミニモニ。」の一員としてもヒットを飛ばした。モー娘の一番多忙な時期を過ごしており、学校に通う余裕もなかったのでは、と想像できる。

 2004年にモー娘を卒業した後もハロー!プロジェクトにとどまったが、未成年での喫煙が2度にわたり報じられ、事務所を解雇された。解雇後、リストカットをしていたといい、今回の自殺未遂は、十代のつまづきが遠因となっているように思う。

 アイドルのメンタル面の厳しさは吉田豪による元アイドルたちへのインタビュー集『元アイドル!』(ワニブックス、2005年、現在は新潮文庫)で伺える。事務所など大人たちとのトラブルや、自律神経失調症や顔面神経痛になった経験が当たり前のように語られている。吉田はあとがきで「アイドルとは普通にやっていたら精神的に壊れて当然という過酷きわまりない職業」と言い切っている。

 今、アイドルにとって過酷さを増しているのは ・・・ログインして読む
(残り:約867文字/本文:約1424文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木京一

鈴木京一(すずき・きょういち) 朝日新聞読書推進事務局長

1963年生まれ。東京大学教養学部卒。1987年、朝日新聞社入社。東京と大阪の旧学芸部や文化グループで、主に論壇関係の取材記者や編集者をしてきた。2011年2月から読書編集長。現在、文化くらし報道部・読書推進事務局長。女性アイドルのライブ見物が20年来の趣味。好物は「ハロー!プロジェクト」。

鈴木京一の記事

もっと見る