メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

セフレか恋人か、それが問題だ!?――21世紀版クレイジー・コメディ、『ステイ・フレンズ』

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 ルックスのいい男女が、偶然出会う。そして互いに心惹かれ、イイ仲になるが、ささいな誤解やら何やらで二人の気持はすれ違い、離ればなれになる。が、さまざまな困難を乗り越え、二人は再会しハッピー・エンドとなるか、もしくは再会したものの、抜き差しならない理由で別々の人生を歩むことになる。――ざっくり言って、これがラブコメに限らず恋愛映画一般の、すなわち“ボーイ・ミーツ・ガールもの”の王道だろう。どうせ映画なんて絵空事さ、とわかっていても、われわれはこの手のストーリーにからきしヨワイのだ。

 ところが、『ステイ・フレンズ』のウィル・グラック監督は、この最強パターンを、恋愛ナシ、感情ナシの割り切ったセフレ(セックス・フレンド)関係という初期設定で崩してから、さらに物語をもう一ひねりして、ユニークな“ボーイ・ミーツ・ガール”的結末に着地させる。

 ただしグラックは、ハリウッドのクレイジーな古典的ラブコメディーのツボをしっかりと押さえてもいる。たとえば、登場するや、そのイケイケのハイテンションぶりで画面を圧する、NYのセクシーでやり手のヘッドハンター、ジェイミー(ミラ・クニス、美人度85%!)。ジェイミーのヒロイン像には、ハワード・ホークス『赤ちゃん教育』(1938年)のキャサリン・へプバーンや、同じくホークスの『男性の好きなスポーツ』(1964年)のポーラ・プレンティスの、快活でおきゃんなキャラが投影されている。

 ちなみにこの2作は、フランク・キャプラ『或る夜の出来事』(1934年)、プレストン・スタージェス『結婚五年目』(1942年)、レオ・マッケリー『新婚道中記』(1937年)と並ぶ、スクリューボール(変人)・コメディの代表作である。ただし、これらの喜劇の撮られたハリウッド古典期は、倫理規定=ヘイズ・コードによって、性描写や性的卑語は厳禁されていたから、セフレなどというコンセプトやその他もろもろの下ネタは描きようがなかった。それゆえ当時は、幸か不幸か、『ステイ・フレンズ』のジェイミーのドッキリ発言の連発(「あっ、そこがイイの、もっと責めて」など)は、もってのほかだった。

 ジェイミーに強引にヘッドハントされる(NYへと転職を斡旋される)LA在住の敏腕アートディレクター、ディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)は、あっという間に彼女と意気投合するものの、

・・・ログインして読む
(残り:約1146文字/本文:約2132文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る