メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「ウルトラQ」――異形の怪獣、キュートな桜井浩子にしびれた!

藤崎康

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 未曾有の高視聴率を叩き出した「ウルトラQ」シリーズがオンエアされた1966年、高校1年だった私は、小学校高学年いらいの恐竜熱にとりつかれたままだった。恐竜図鑑がバイブルで、翼竜系のプテラノドン、ランフォリンクス、ディモルフォドンを楽々とデッサンで描き分けられるほど、恐竜には異様にくわしくなっていた。おまけに、将来なんの役にも立たない(と親や教師に言われつづけた)、オカルトや猟奇犯罪に関する書物も私を夢中にさせた。

 それかあらぬか、学校の成績は低迷し続けたが、それでも、ヤマ場で恐竜が出現するジュール・ヴェルヌの『地底旅行』やコナン・ドイルの『失われた世界』、さらには久生十欄の『地底獣国』さえ何度も読み返していて、なぜかその合間に林芙美子や壺井栄や、はたまた「風俗奇譚」「奇譚クラブ」などの“異常性愛雑誌”も(当然親に隠れて)愛読していたから、現代国語だけは常にクラスでトップだった(古典、漢文は大の苦手、という偏向ぶり)。

 ともかく、そんな時期に始まった「ウルトラQ」を、私は毎週、テレビにかじりついて見た。ただし、すでにレイ・ハリーハウゼンの特撮映画の洗礼を受けていたせいで、怪獣の映像にウルサクなっていた私は、古代怪獣ゴメス、巨大猿ゴロー、冷凍怪獣ペギラ、もぐら怪獣モングラー、隕石怪獣ガラモン……といったゴジラ伝来の着ぐるみ怪獣には、どうしても違和感を払拭できなかった(今もそうである)。その姿形や動きにひどく「人間的なもの」を感じてしまうのだ。

 思うに、怪獣の姿や性質は、人間から遠ざかれば遠ざかるほど、手なずけようのない<絶対的な他者>として、得体のしれぬ恐怖と不可解感をおびるのではないか。ヘタに感情移入を誘うカワイさや複雑微妙な表情の動きなど、怪獣には無用ではないか。ジョーズ然り、T-REX然り、トライポッド(スピルバーグ『宇宙戦争』)然り……。

 それでいえば、「ウルトラQ」の怪獣で強烈なインパクトがあったのは、たとえば ・・・ログインして読む
(残り:約2022文字/本文:約2845文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る