メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

テレビは本の世界、読者の本質に立ち向かえ

鷲尾賢也

鷲尾賢也 鷲尾賢也(評論家)

 報道によると、この3月末で20年も続いた長寿番組「週刊ブックレビュー」(NHK・BSプレミアム)が終了するという。昨年末、『週刊ブックレビュー 20周年記念 ガイドブック 1991-2011』(ステラMOOK)というムックまで刊行したのに、やや唐突の感がする。司会の児玉清の死といった事情もあるのだろうが、とても残念だ。

 テレビは多くのアイディアを新聞、雑誌、書籍から得ている。にもかかわらず、あたかも自分たちだけで制作しているという顔をしている。たしかに、お笑い番組や、芸能人のトークなどは、活字メディアとは関係しない。しかし、ドラマ、アニメ、ニュースの他に、最近、大はやりのクイズ(漢字・常識などを含む)や健康・医学を含めた一般教養的な番組のコンテンツはかなり出版物によっている。また、出演者の情報についても本や雑誌から得ているはずである。

 いまや顔を見ない日のないほど活躍している池上彰も、単行本がベストセラーになったことがきっかけであろう。ところが、書籍の動向についての番組は極めて少ない。なぜなのであろうか。まさか、視聴者は本を読まないと思っているわけではないだろう。

 テレビには激烈な視聴率競争があり、そんなことに時間を使えないというのかもしれない。しかし、BS放送などの多くは、再放送や、輸入した海外制作番組、あるいは昔の映画、韓国ドラマなどで埋めているのが実情ではないか。

 「週刊ブックレビュー」の終了は残念であるが、一方、いままで出版関係者や愛書家・本好きがよく見ていたかというとそうともいえない。むしろ不満の方が大きかった。

 その第一は書目の選定にある。ゲスト3人が自分の選んだ本を持ち寄るというスタイルだった。結果的に、哲学・歴史など難解・長大なもの、また政治・経済から事件・告発・批判まで、物議を醸すようなものは選ばれない傾向にあった。判断が分かれ、論争になるようなものも避けられていた気がする。だから、どうしても小説・エッセイといった無難なジャンルが多くなる。

 つまり、書店の店頭状況が反映されない。本好きは出演者に関心があるのでなく、本そのものについての情報を得たいのである。それが「週刊ブックレビュー」では十分に満たされていなかった。

 読者はいつも真剣なアピールを待っている。「おもしろかった」「すごい」「驚いた、感動した、勉強になった」「騙されたと思って、買って読んでみたら」。こういう本気のコメントがあるからこそ、読もうとし、本屋に走るのである。あたりさわりのない出演者のやりとりではしらけてしまう。はっきりした意見が欲しい。本当の意味で実用的でなくてはいけないのだ。だから小皿料理のような細切れメニューの並ぶ構成では満足しない。じっくり、たっぷり本について語ることがいちばん大事な要素なのである。

 こんな書評番組ができたらいいなあ、と妄想することがある。例えば対決 ・・・ログインして読む
(残り:約650文字/本文:約1851文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

鷲尾賢也

鷲尾賢也(わしお・けんや) 鷲尾賢也(評論家)

1944年、東京生まれ。評論家。慶応義塾大学経済学部卒業。講談社入社。講談社現代新書編集長、学芸局長、取締役などを歴任。現代新書編集のほか、「選書メチエ」創刊をはじめ「現代思想の冒険者たち」「日本の歴史」など多くの書籍シリーズ企画を立ち上げる。退社後、出版・編集関係の評論活動に従事。著書に、『編集とはどのような仕事なのか――企画発想から人間交際まで』(トランスビュー)など。なお、歌人・小高賢はもう一つの顔である。小高賢の著書として『老いの歌――新しく生きる時間へ』(岩波新書)など。2014年2月10日、死去。

鷲尾賢也の記事

もっと見る