メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

女たちの“冷戦”――黒沢清のWOWOW連ドラ、『贖罪』第4話も超傑作!

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 エミリ殺人事件に遭遇し、強いショックを受けた4人の少女たち。

 彼女らはエミリの母・麻子(小泉今日子)に、犯人の顔を覚えていないと異口同音に言う。が、麻子は彼女らに、犯人の顔を思い出せ、思い出せないなら、それ相応の償いをせよと、脅迫すれすれの贖罪要求を突きつける。

 そして『贖罪』第3話までは、成人した3人が「贖罪/償い」をどう果たすのか、という15年後のドラマを、黒沢清は突出した演出力と脚本力によって、息苦しいほどスリリングに描いた。しかも驚くべきことに、黒沢は、各回をまったく異なる趣向のもとに展開してみせたのだ。

 では、第4話「とつきとおか」はどうかといえば、――またしても黒沢は、まったく予想外の変化球をストライクゾーンに、つまりこちらの“快痛点”めがけて投げこんできた。

 第3話までの3人の主人公は、15年前のトラウマ(心の傷)が原因で悲劇に見舞われた点では共通していた。3人はまた、麻子の呪いによって遠隔操作されたかのように、あるいは、麻子の贖罪要求という呪詛(じゅそ)に屈してしまったかのように、災厄に襲われた。

 だが、第4話の主人公・由佳/池脇千鶴はちがう。15年後、由佳は他の3人より、ずっと「したたか」で性悪な女となっていた。

 由佳を“悪女”にしたのは、病弱な姉ばかりを可愛がった幼少時以来の母への憎しみ、そして姉への嫉妬であった。もっといえば、自分が母に愛されていない(承認されていない)という根深い欠落感を、狡猾で冷酷な女になることで(攻撃的な形で)、由佳は代償しようとしたのだ(本作の導入部/15年前の一連の場面では、由佳の性格を屈折させた母の態度と、エミリ殺人事件とが巧みに絡めて描かれる。なお、由佳は事件の際、肩に手をかけて励ましてくれた警官に好意を抱くが、これがのちの展開の布石となる)。

 15年後、とある地方都市のフラワーショップで働いている由佳は、店主(赤堀雅秋)と不倫関係にある。やがて由佳は、美人だが子どもの産めない体の姉(伊藤歩)の夫、圭太(長谷川朝晴)を誘惑し、妊娠し、彼の子を生む(圭太は「警察官」だった)。

 こうして由佳は、一種のニンフォマニア(色情狂)とさえ言える悪女ぶりを発揮するが、つねに計算高く狡猾にふるまい、けっして自分を見失わないところが、他の3人とは決定的にちがう(少なくとも第4話までは)。

 そして、「今までお姉ちゃんに取られたぶん、ぜんぶ取り返す」などと言って、姉の夫に抱かれ彼の子を身ごもる由佳の奔放さは、むろん前述のように、母への憎しみと姉への嫉妬に突き動かされてもいる。

 が、由佳の大胆不敵さは、それだけでは説明できない。

 なにしろ由佳は、15年ぶりに再会した麻子に対しても

・・・ログインして読む
(残り:約2339文字/本文:約3463文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る