メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【古典DVD傑作選(1)】 必見! スタンバーグの『上海ジェスチャー』

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 ウィーン生まれのジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督(1894-1969)は、“光の魔術師”とも呼ばれるように、白黒映像の美しさを極限まで追求した名匠である。スタンバーグはまた、神話的な女優マレーネ・ディートリッヒとの名コンビによっても、その名を映画史に刻みつけた。

 が、今回取り上げるのは、30年代スタンバーグ映画のミューズ、ディートリッヒではなく、やはりハリウッド古典期にその名をはせた美人女優、ジーン・ティアニー主演の『上海ジェスチャー』(1941)である。なぜか日本未公開の、しかし間違いなくスタンバーグの最高傑作の一本だ(2011年12月に、『恋のページェント』<後述>、『ブロンド・ヴィナス』などとDVD化)。

 スタンバーグ作品の特色は、アバウトに言って、観客に安易な感情移入を許さない辛口の作風にある。そして『上海ジェスチャー』は、そうした冷徹なテイストが突出しているフィルム・ノワールだ。なにしろ、物語からして、情け容赦のない愛憎劇なのだ(以下、ネタバレあり)。

<物語:第1次世界大戦前夜、上海でカジノを経営する女主人“マザー”・ジンスリング(オナ・マンスン)のもとに、ある日イギリス人貴族ドーソン(ウォルター・ヒューストン、好演)が、賭場の土地を買収し彼女に立ち退きを迫るためにやって来る。しかし、じつは“マザー”は娘時代、ドーソンの愛人だった(今の変わり果てた“マザー”の顔を見ても、ドーソンは彼女がかつての愛人だったことを思い出せない、という設定もサスペンスを醸す)。

 “マザー”はドーソンに復讐するため、彼の娘ポピー(ジーン・ティアニー)を女たらしのモグリの医者(ヴィクター・マチュア)に誘惑させ、ドラッグ漬けにしてしまう。だが“マザー”は、ドーソンの口から驚くべき事実を告げられる(黒沢清『贖罪』最終話をちらりと想わせる、“二重底の驚き”)……。>

 だいたい、当時のハリウッド・スター・システム下で美女ジーン・ティアニーを“シャブ漬け”にするなど、よくもまあそんな酷い話が通ったものだと、妙に感心したりもするが、しかし本作の真の主人公は、なんといっても、上海・闇社会の「冷酷なドラゴン」こと、“マザー”・ジンスリング/オナ・マンスンだ。

 まず“マザー”の、髪を何匹もの蛇のような形に編み上げた、歌舞伎役者かメデューサみたいなヘアスタイルに度肝を抜かれる。さらに、彼女の恐ろしげな吊り目、極細の弓状の眉、とがったアゴ……(その奇っ怪な風貌にふさわしく、国家の法の外で権力をふるう“マザー”は、むろん自らの法=掟の残忍な執行者だ)。

 そして目を奪う、すり鉢状の巨大なカジノに群がる怪しげな人間たち。彼、彼女らの何人かは、ポピー/ティアニーのように、ドラッグ中毒とギャンブルの負のスパイラルにからめとられ、破滅していく。

 むろんスタンバーグの、東洋趣味とバロック的過剰装飾への偏愛が炸裂するのは、“マザー”の髪形とカジノのシーンにとどまらない。

 終盤の見せ場、旧正月の祝祭のシークエンスも、目のくらむようなセットのなかで展開される。壁面にたくさんの古代中国の官吏たちが描かれた大広間の、巨大な長方形のテーブルでの会食シーンで、“マザー”が壁の隠し戸をスーッと開けると、ドラッグ漬けにされスリーピング・アイ=眠り目になったポピー/ティアニーがおぼつかない足どりで現れる。

 かと思うと、広間の途方もない大きさのレースのカーテンを、プロレスラー出身の巨漢マイク・マズルキふんする従者がおもむろに引くと、窓ごしに、半裸の女が入れられた幾つもの籠(かご)が天井から吊り下げられ、しかもそれらが上下に行きかう驚異的な光景が出現する。身売りされる租界の女たちを“展示する”観光客向けのショーだ。

 やがて、場面は街路にカットバックされ、銅鑼(どら/「ら」は金へんに羅)の音が鳴り響くなか、龍の舞いが練り歩き、爆竹がはぜる賑やかな祭りの様子が画面いっぱいに写しだされる。そして直後、大広間では、銅鑼と爆竹の音にまぎれて二発の銃声が響く……。

 また言うまでもなく、“光の魔術師”スタンバーグならではの軟調でかすむような光が、これらすべてのシーンでさまざまな濃淡の白黒を描き出し、見る者をとことん魅了する。まさに頽廃(デカダンス)美学の極致だ。

 なお“マザー”がドーソンに、自分はあなたのかつての愛人だったと告げる場面での、彼女のセリフが何ともふるっている。彼女はこう言うのだ――「わたしが着けているのは“時”という仮面だけよ」と……。<星取り評:★★★★★>

<付記――映画マニア向けコラム>

・・・ログインして読む
(残り:約2186文字/本文:約4081文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る