メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大森南朋の結婚に女性はなぜ敏感だったか

西森路代

西森路代 フリーライター

 近頃の結婚報道で女性たちが衝撃を受けたのは、小栗旬と山田優の結婚ではなく、大森南朋×小野ゆり子や吉田美和×FUZZY CONTROLのボーカルJUONの結婚の方だろう。

 大森(40)と小野(22)は18歳差、吉田(46)とJUON(27)は19歳差だが、前者は男性が年上、後者は女性が年上ということを考えると、もちろん世間の見る目も変わってくる。

 このふたつの結婚は、「友達婚」から「歳の差婚」への社会の変化の現れなのではないか。そんな観点から見ていきたい。

拡大18歳下の小野ゆり子と結婚した大森南朋

 まず大森の結婚を憂いだのは、大森と同年代周辺の独身女性たちだ。筆者もちょうどその年代であり、以前から大森南朋を好きな独身女性というものに格別の思いを持っていて、拙書『K-POPがアジアを制覇する』でもかなりの熱量を持ってページを割いて執筆している。

 なぜにK-POP本で大森南朋? と不思議に思われる方も多いと思うが、

・・・ログインして読む
(残り:約1611文字/本文:約2001文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

西森路代

西森路代(にしもり・みちよ) フリーライター

フリーライター。1972年生まれ。愛媛と東京でのOL生活を経て、アジア系のムックの編集やラジオ「アジアン!プラス」(文化放送)のデイレクター業などに携わる。現在は、日本をはじめ香港、台湾、韓国のエンターテイメント全般について執筆中。著書に『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)がある。

西森路代の記事

もっと見る