メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

【ポスト・デジタル革命の才人たち】 むぎばやしひろこ(中)――スマホがつくる新しいコミュニケーションとライフスタイル

聞き手=服部桂(朝日新聞社ジャーナリスト学校シニア研究員)

服部桂

拡大むぎばやしひろこさん   撮影=松本敏之

■デジタルサイネージで世界の広告賞

――最近話題のデジタルサイネージの賞を受けたそうですが。

むぎばやし スマホアプリを出す前は、モシモカメラのエンジンを使ってインタラクティブなデジタルサイネージを作っていました。いわゆるコンピューター映像を使った屋外広告ですね。 

 例えば、ソニーの「α」というデジタル一眼カメラが出たときには、六本木ヒルズで「Sony α Interactive Mega Gallaryというインタラクティブな映像ギャラリーを展開しました。

拡大「Sony α Interactive Mega Gallary」

 これは世界3大広告賞「ONE SHOW INTERACTIVE 2009」のOther Interactive Digital Media部門で受賞しました。

 また六本木ミッドタウンにあるリステア(RESTIR)というセレクトショップでは、幅6メートルの大型LEDディスプレーを使ったショーウインドーに応用して、その前を通った人に反応して変化する広告を数年前に展示していました。この作品は、「デジタルサイネージジャパン 2009」の景観部門の優秀賞を受賞しました。

拡大セレクトショップ「リステア(RESTIR)」

――かなり大規模な展示ですね。それからダウンサイズしたということですか。

むぎばやし こうした広告の仕組みは面白いのですが、その場で限られた人にしか使ってもらえないという制約があります。ところが2008年に、iPhone OS以外にグーグルのAndroidというモバイル端末用のOSが出てきて、気軽にアプリが開発できる環境が出現したんです。同時にスマホ端末のCPUの処理速度もアップしました。

 スマホでエンジンを動かすことができたら、手のひらの中で同じことができ、ARの可能性が広がるという確信がありました。まずはARの技術を知らない人でも楽しんでもらえるような、新しい視点を提供するアプリをやってみようと思って、「AR撮影エンターテインメント」をコンセプトに2年前に作ったのがモシモカメラでした。東芝モバイルコミュニケーションの企画担当者の方に、デモ版を「おもしろい」と評価していただき、それをきっかけに製品化することに成功して、レクザフォンへ搭載されました。

 それから少しずつバージョンアップを重ねて、例えば3Dのエフェクトが出る「モシモカメラ3D」はシャープのアクオスフォンに搭載されました。GPSに連動してその場に合ったエフェクトが出る「モシモカメラ2.0」はNECのメディアス、最新バージョンは、富士通のARROWSに搭載されました。「モシモカメラ」アプリの進化としては、このエンジンを、ライフスタイルに関係する実用的な分野にも広げてゆきたいと思い、ヘアシミュレーションに応用したのが、前回ご紹介したヘアスタイルナビなんです。

 またこうした機能をクラウドサーバー上で実現する仕組みも、もう研究開発が済んでいるので、端末の中だけじゃなくて、ネット上の動画のサービスなどに絡めたサービスも開発しようと考えて、ARの新たな可能性を追求していきたいと思っています。

――最近は画像系のソフトが人気ですね。Facebookも、画像を簡単に加工できるサービス会社を10億ドルで買収しましたね。

むぎばやし インスタグラム(Instagram)という写真の共有アプリを作っている会社ですね。雰囲気のある写真を簡単に撮れて、それをすぐソーシャルメディアにシェアできるソフトです。私もずっと使って注目していました。シリコンバレーのベンチャーのエキジットは売却のスケールが大きくて、私たちも頑張りたいですね。一方で、インスタグラムはエフェクトを有料で販売すると言っていたんですが、結局マネタイズにチャレンジしないうちに売却され、そのビジネスモデルに興味があったので残念に思いました。

――現在はFacebookやTwitterも、小さなモバイルの端末では、細かく文字をやり取りするより画像を使う方が効果的だと気づいて、それがトレンドになっている気がしますけれど。

むぎばやし そうですね。今やろうと思っているのは、モシモカメラでやってきたことを、プリインストールという形だけではなく、広く自由に楽しんでもらえる方法を提供することです。今までは撮影して遊ぶことが中心だったんですけれど、ヘアスタイルのシミュレーションをする実用的なアプリができたので、次はお化粧や洋服にも挑戦したいです。髪型でもメークでも洋服でもスマホでARシミュレーションができたら、新しいライフスタイルを提案するサービスを提供したいと思っています。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。