メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 この選抜総選挙、生中継されていて、それも民放だからCM入るはずなのに、会場で見ていてそのことがまったくわからなかった。最初っからもうノンストップでどんどん進む。

 えー、じゃあCMはどこに入れてたんだ? 大阪の朝日放送における夏の高校野球中継みたいに「CMはすべてワイプで」なのか。まさか。

 家でテレビ見てただんなによれば「CMをむりやり挟んだ感」はなく、きっと現場ではCMタイムがあったんだろうと思ったそうだ。えええー。現場は何もなかった。てっきり黒ポロシャツのADみたいのが出てきて「はいココでCM入りまーす」とか台本丸めたやつを振り回したりするもんだと思ってたのに、そういうことがいっさいない。

 半官半民の町おこしイベントとか、祭りのアトラクションで出てくる歌謡ショーとか、進行グダグダなイベントしか見てこなかったので、この「超大規模なイベント」を、たいした綻(ほころ)び見せずにやるってのはスゲエと思いました。まあ7万人集めるイベントでグダグダだったら怒られるでしょうけど。

 でも、総合格闘技のPRIDEが華やかなりし頃、テレビ東京で「船木誠勝が誰かと戦う at東京ドーム」という興行を放映したのを見たら、「PRIDE at東京ドーム」の中継と、見るからに違っていてたまげたことがある。

 船木のほうは、地方の駅前デパートの寝具売り場みたいにしらじらとした画面。かたやPRIDEは渋谷109前の交差点のようなギラギラとしたにぎわい。いや、渋谷なんてガチャガチャしてキライだけどさ、PRIDEのあの中継の有様はあまりにもギョーカイっぽくてイヤだけどさ、船木のほうが手づくりで良い、とは到底思えず、見ているうちに気持ちがしおれてしまった。

 これでわかるのが、船木の興行とPRIDEとは、イベントとしてのカネのかけ方がまるっきりちがうのね、ってことで、カネがあればイイというわけではないと、誰よりもわかってるつもりの私でさえ、カネの力には弱いということだ。試合のパフォーマンスまで何か船木のほうがしょぼいように見えちゃうし、すべてはカネの力で決まるのね……と悄然とさせられた。

 だからこの総選挙イベントは、ふんだんに金がかかってるんだろなー、ということはよくわかった。じゃあなぜそんなにカネをかけるのか(かけることが可能なのか)。回収の見込みがあるからだ。

 では何で回収するのか。それは、総選挙で上位になった子たちが歌ったり踊ったりしゃべったり写真に撮られたりして回収する。

 回収できるのか???

 AKBについて、主催者側も野次馬側も気にしているのがこの「回収できるか問題」だ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1316文字/本文:約2429文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

青木るえかの記事

もっと見る