メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ポスト」「現代」の70歳「成功性交」路線――したっていいんですよ、人間ですからね、でも

矢部万紀子 コラムニスト

 52年余り生きている。50歳で転職する前に「この会社のお金でできることは全部やって辞めよう」と思い、人間ドッグを受けた。すると、眼圧が高いと指摘され、以来、毎日、点眼している。そして、しみじみ思っているのが、眼圧を下げる薬を毎日さしちゃあ、もう終わりでしょう、ということ。何が終わりかというと、それは「恋愛」とか「男子」とか、そういう方面のことです、はい、というのが、わが基本スタンス。

 と自分のことを書いてから、週刊ポストと週刊現代の「60歳以上になってもどしどしセックスをしましょう」大キャンペーンについて書く。あ、これも書いちゃうのですが、このキャンペーン記事、新聞広告などで定番中の定番になっていることは把握していたが、ちゃんと読んだのは初めて。女子だからってことでお許しいただきたく。

 で、当該記事を2週分読んだ。最終的に思ったのは、「いやー雑誌づくりって、究極のサービス業だなー」ということだ。

 52年余り生きているうち、20年余り雑誌をつくってきた。その大半が週刊誌。そんなヤツが何を今さら、と言われるかもしれないが、このサービス業としてのさじ加減が難しいのだと今さらながら思う。

 週刊ポスト、週刊現代は日本を代表する「サラリーマン週刊誌」だけど、いまのサラリーマンがどんどん買ってくれるかというと、40代でもかなり怪しいから、次第に「元サラリーマン週刊誌」になっていっているであろうことは想像に難くない。

 だから、簡単にいうとこのキャンペーンが「定年してもセックスしたっていいんだよ、人間だもの」という新手の相田みつをになるのは当然で、もっとあからさまに書くなら「勃たなくてもセックスしたっていいんだよ、人間だもの」キャンペーンである。

 みつをは「だもの」で止めればいいが、サービス業はそこから先が勝負だ。

 ふたつの雑誌の細かな手法の違いなどはあろうと思うが、「勃たずとも、射精せずともOK」と繰り返し唱えながら、60代、70代の男性の「成功(性交)体験」から入り、この成功性交は「相手を満足させている」がポイントで、それは誰でも可能だと思ってもらうべく、40代女性が実は「求めている」ルポや風俗嬢や女性官能小説家などスペシャリストによる「熟年男性とのセックスって好き」対談などで励まし、「心臓に負担にならない体位」とか「入りやすいホテル一覧」などの実用ページをつけるという構成は、ほとんど同じだった。

 現在、私はシニア女性のための生活情報誌の編集長をしている。男性を登場させても、あまり反応がよくない。女性は、有名無名にかかわらず同性の体験、知見から自分の生きる糧を見つけたいのだなあと実感している。ただし例外が2人いる。

・・・ログインして読む
(残り:約803文字/本文:約1932文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

矢部万紀子の記事

もっと見る