メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

宮崎駿『風立ちぬ』の近代――戦略爆撃の時代の戦闘機乗り

浅羽通明

戦闘機乗りの闘いはいかにして国家を超えたか

 さてさて、ようやく話は、映画『風立ちぬ』へ戻ります。

 先ほど、『風立ちぬ』で宮崎駿監督が描いた堀越二郎、名戦闘機ゼロ戦の設計者は、爆撃機が嫌いなのではないかと指摘しました。それでは、爆撃機を厭い、戦闘機を愛するとは、何を意味するのでしょうか。

 『風立ちぬ』を戦争責任への反省や葛藤がないのは問題だといった貧しい次元でしか映画を観られない人たち(朝日新聞、毎日新聞の評はそんな感じでした。産経も立場こそ逆ですが似たようなもの。ここで、だから日本のメディアは……とか嘆く声が聞こえてきそうですが、ベネチア映画祭でもそうした批評はあったみたいですね)だったら、民間人をも大量殺戮する爆撃機と、軍人同士が殺し合う戦闘機という対立図式を描いて、戦闘機好きを相対的にヒューマニストに仕立て上げたくなるのかもしれません。

 しかし、

・・・ログインして読む
(残り:約9210文字/本文:約16720文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。