メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

21世紀の若者にも支持される小津安二郎のポストモダンなスタイル

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

 先日、東京・神保町シアターで始まった小津安二郎特集の初日に行って驚いた。土曜の11時からの『一人息子』(1936)の回がほぼ満席で、若者が目立ったことだ。支配人の佐藤菜穂子さんによれば、「これまで後期の有名な作品は若者も来たが、戦前の作品でこれほど来るとは」。

 小津は現代の若者に受けるのか。

特集上映初日の1回目『一人息子』上映前のロビー=2013年11月23日、東京・神保町シアター
拡大特集上映初日の1回目『一人息子』上映前のロビー=2013年11月23日、東京・神保町シアター、撮影・筆者
 今年は小津の生誕110年で没後50年。60歳の誕生日に亡くなったというのも、小津らしい美意識にさえ見える。私は2003年の時に生誕100年のシンポジウムを手掛けた(それは『国際シンポジウム 小津安二郎――生誕100年「OZU 2003」の記録<朝日選書>』という本になった)こともあって内部事情にもくわしいので、今回の生誕110年をめぐる盛り上がりを分析してみたい。

 今回の神保町シアターの企画「映画監督 小津安二郎」は現存する37本すべてを上映するもので、目玉は何と言っても、『東京物語』を始めとして、『秋刀魚の味』『彼岸花』『秋日和』『お早よう』のデジタル修復版の上映だ。

 現在販売中の『東京物語』のブルーレイを見れば、今回の修復版がいかに革命的かよくわかる。オリジナルネガが失われたこの作品は上映プリントの状態が悪く、東京の息子の家で片隅に写る蚊取り線香の煙なんて今回初めて見えた。

 生誕100年の時は、松竹は全作品のDVDボックス4巻を販売した。確か1巻が2万5000円前後だったが、松竹によれば4巻で3万5000セット以上売れたというから、相当のヒット作品だ。7月から販売しているデジタル修復版『東京物語』のブルーレイとDVDはもう6000枚が売れたという。これから『秋刀魚の味』などもデジタル修復版が発売される。さらに『晩春』は、完全4Kによる修復作業が始まるという。

 つまり、松竹は生誕100年にDVDを発売し、生誕110年、没後50年に修復版ブルーレイを売り、それに合わせて全作品上映をしているのであり(100年の時はフィルムセンターが会場)、小津ブームと言っても、記念の年に合わせて松竹がパッケージのフォーマットを変えて販売し、全作品を上映しているだけと言えないこともない。

小津特集号を組んだ『BRUTUS』拡大小津特集号を組んだ『BRUTUS』
 それでも雑誌『BRUTUS』の「小津の入り口。」と題した12月1日号の表紙にはのけぞった。白黒で男女が小津の映画に出てきそうな服装をして、同じ方向を向いて座っている。

 中を見ると写真家のホンマタカシが多摩川土手で撮った写真だとわかるが、このパロディぶりはなんだ。中のページには、モデルが着ている服のブランド名や値段まで書かれている!

 雑誌ならまだいい。東京国立近代美術館フィルムセンターで12月12日から始まる展覧会「小津安二郎の図像学」も副題は「永遠のウルトラモダン」だし、チラシも赤や青を使った軽やかなデザインだ。

 小津生誕100年を担当し、今回の110年にも携わっている松竹の藤井宏美さんは、神保町シアターの若者を見て「今回の目標は若い世代の小津ファンを増やすことだったので嬉しい。『BRUTUS』」の特集が効いたかな」と語っていた。

 大学で映画を教えている私の感触から言っても、小津は黒澤明や溝口健二に比べて今の若者に確実にウケる。

・・・ログインして読む
(残り:約1539文字/本文:約2865文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古賀太の記事

もっと見る