メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ジャ・ジャンクー『罪の手ざわり』をお見逃しなく!(下)――伝統的な文学・芸能への参照、シュールな奇想と「ネオレアリズモ」的要素の融合など

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 今回は(上)(中)で触れえなかった、『罪の手ざわり』の作劇上のポイントを箇条書きにしてみたい。

*前述のごとく、本作は実在の事件から着想されただけでなく、中国の伝統的な文学や芸能を参照にしてもいる。たとえば、退院したダーハイが広場に向かうと、そこでは古典演劇「林冲夜奔」が演じられていて、「水滸伝」の主人公の一人、林冲(りんちゅう)の「憤怒により、剣を抜き……」というセリフが、彼の“決起”をうながすかのように鋭く響く。見事な音響演出だ。

 またシャオユー/チャオ・タオの殺人場面は、北京出身で香港、台湾で活躍したキン・フー監督の武侠映画、『侠女』を意識して撮られたという(もっともキン・フー映画からの着想は、あくまで悪に立ち向かう武侠的ヒロイン像に関してであり、キン・フー作品の主人公らが披露するトランポリンを駆使しての、あの目くるめく超人的なジャンプなどの活劇性と本作のそれとは、やや異なる)。

 さらにラスト、街をさまよい歩くシャオユーは、広場で演じられている古典劇「玉堂春」――殺人の濡れ衣を着せられるが、最後には冤罪を晴らすヒロインの物語――に立ち会う。その劇では裁判官が、劇中のヒロインに、そしてシャオユーと群衆に向かって、問いかけるように「おまえは自分の罪を認めるか?」というセリフを発する。これまた劇中劇として二重化された、鮮やかな音声演出である。

*それぞれの物語を連作形式でつないでいく、いわばリレーのバトンのような役割を果たす人物も、バイク、船、夜行バス、白タク(不法営業のタクシー)、高鉄(高速鉄道、中国の新幹線)などの乗り物同様、本作の<運動>をスムーズにするうえで不可欠な存在である。

――ダーハイの仕事仲間のサンミン/ハン・サンミンが妻の待つ奉節(フォンジェ)へ帰るべく、三峡ダムを渡る重慶行きの船に乗ると、船内で隣り合わせたのは、3人の賊を射殺したチョウだった(チョウを主人公とする2つ目の物語の開始)。

 3つ目のシャオユーの物語の序盤で、彼女の乗った夜行バスを途中下車したのは、やはり、富裕そうな夫婦を撃ち殺して逃走中のチョウである。4つ目のシャオホイの物語の序盤で、彼に訓戒を垂れているのはシャオユーの愛人ヨウリャン/チャン・ジャイーだ。

 そしてラスト、無罪放免された(?)シャオユーが面接に行く会社の女社長は、なんと

・・・ログインして読む
(残り:約1088文字/本文:約2094文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る