メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『アメリカン・スナイパー』の痛ましさ(下)

イーストウッドにおける<不気味なもの>、イラク帰還自衛隊員の自殺など

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 戦闘トラウマ/PTSDが大きなテーマのひとつである『アメリカン・スナイパー』は、けっして例外的なイーストウッド作品ではない。

 もとよりイーストウッドは、自作自演の第1作、『恐怖のメロディ』(1971)で恋愛妄想にとりつかれて凶器を振りかざすサイコパス女を描き、『父親たちの星条旗』(2006)では、やはり「英雄」として帰還した兵士が心を病み自殺にいたる悲劇を描き、『ヒア・アフター』(2010)でも、大津波にあい九死に一生を得たヒロインが抑うつ状態になるも、霊能者の青年と出会うことで“再生"を果たすドラマを描き、さらに『J・エドガー』(2011)では、つねに「敵」への強迫観念に呪縛されつづけたフーヴァーFBI長官の生涯を描いた。

クリント・イーストウッド=鈴木香織氏撮影拡大クリント・イーストウッド=撮影・鈴木香織氏
 つまりイーストウッドは、しばしば<不気味なもの>――精神病理学的・サイコ・スリラー的な、あるいは超常現象的なモチーフ――を好んで描く映画作家なのだ(超常現象のモチーフは、幽霊ガンマンを主人公にした『荒野のストレンジャー』(1973)、『ペイルライダー』(1985)、前記『ヒア・アフター』に顕著だった)。

 そしてイーストウッド的な<不気味なもの>は、『アメリカン・スナイパー』でも主調低音となっている。 ・・・ログインして読む
(残り:約1367文字/本文:約1908文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る