メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

黒柳徹子さんがもつ類いまれな美点とは?

40年間、「小賢しくならない」ということ

矢部万紀子 コラムニスト

 「徹子の部屋」が40年だそうだ。視聴率はすごく高いわけではなく、だから「打ち切りか」などと時々書かれたりもするようだが、テレビ朝日にしてみれば打ち切る理由はまったくないと思う。

 だって人気沸騰中のマツコ・デラックスは「徹子さんのおかげで私がいる」といつも言っているから、二人の特番を何度も作れるし、ビッグネームの訃報のたびにワイドショーその他で「出演時の映像」を流せるし、「笑っていいとも!」終了時にはすかさず「徹子」の開始時間を正午に変えて「フジテレビ退治」感をすごく出せたし……。特典多すぎ!

 だけど、もちろんそれだけでは40年も続くわけがなく、視聴者とゲスト、両方から「いいね!」な番組になっているわけで、それを支えているのが黒柳徹子さんという人の技量なことは間違いない。

黒柳拡大番組スタッフから「少女のままの人」と語られる黒柳徹子さん
 スタッフによる入念な調査を受けてのインタビュー、しかもほとんど編集しない――「徹子の部屋の基礎知識」ともいうべきベースはあってのことだが、私は「いいね!」を支えているのは、黒柳さんという人がもつ類まれな美点だと思う。

 それは何かと言うと、黒柳さんは小賢しくならない。その1点で続いている。そう思っている。

 「小賢しくならない」というのは、簡単なことではない。

 黒柳さんと比べるなど、ずうずうしいことは承知しつつ、「人に会って話を聞く」を基本とする仕事について32年の私は、身を持って感じている。

 ちなみに32年は「笑っていいとも!」の放映期間と一緒だが、サラリーマンの仕事としても短いほうではないだろう。

 短くはない期間で振り返るに、若い頃は一生懸命で大抵のことが済んで、失敗もあるが、すべて糧となる。だが、熟練するにつれ、いろいろな罠が待っている。慢心とか、飽きとかまあいろいろあるのだが、最大は「自分で自分を見る目ができてしまう」罠だと思う。

 ちょっと話が変わるが、テレビ朝日の午前8時からの情報番組「モーニングバード」というのを比較的よく見ている。

 日本テレビ出身の羽鳥慎一アナウンサーは、ハンサムで堂々としていて、でも愛嬌たっぷりで、人気のほども納得だ。そんな彼も時たま、「今、いいこと言ったよね、僕」という顔をすることがある。ドヤ顔ではない。そんな顔をするほど、素人ではない。でも、微妙にわかるのだ。

 羽鳥さんは話すことが仕事だ。「気の利いたことを言う」ことも大切だ。そちらに向けて、熟練していくわけだ。

 そちらに向けての努力をしているうちに、自分で

・・・ログインして読む
(残り:約1300文字/本文:約2348文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る