メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

[書評]『死者との邂逅』

道家英穂 著

小林章夫 上智大学教授

西欧文学における愛と死 

 第2次世界大戦が終結して70年の今年、あらためて「死」の問題が取り上げられた。

 もちろん死は人間を初めとする生物にとって常に避けられないものとして、いつの時代でも顕在する。

 戦争や災害、事故で多くの人間が一度に死亡すれば、それは「大事件」として取り上げられ、記録に残されることになるが、身近な人間が病死する、あるいは天寿を全うしても、残された人間にとっては忘れることのできない出来事として記憶の底に刻まれるはずである。しかも後者の場合、さまざまな意味での愛情が心に刻まれているがゆえに、哀しい出来事であるとともに、どこか愛しい想いもよみがえってくるはずである。

 実に真摯に、そして丁寧な筆致で語られる本書を読むと、もちろん西欧文学における「死生観」をさまざまな名作を通じて探究した労作であることは言うまでもないとして、死の背後に厳然として愛があることに気づかされ、深い感動を覚えた。

『死者との邂逅――西欧文学は<死>をどうとらえたか』(道家英穂 著 作品社) 定価:本体2400円+税拡大『死者との邂逅――西欧文学は<死>をどうとらえたか』(道家英穂 著 作品社) 定価:本体2400円+税
 詳しく扱われる作品は『オデュッセイア』に始まり、古代ローマのウェルギリウスの叙事詩『アエネーイス』を経て、『ハムレット』、『クリスマス・キャロル』、そしてヴァージニア・ウルフ『灯台へ』、プルースト『失われた時を求めて』に至り、著者の長年にわたる研究の成果が十分に反映されている。

 どの章を読んでも教えられることの多い書物だが、とりわけ著者の想いが見事に息づいているのは、たとえばダンテの『神曲』。

 その「地獄篇」や「煉獄編」の恐ろしい描写に、読む者は心穏やかならざる衝撃を受けるけれど、それでも「地上楽園」(エデンの園)に至れば、マテルダという案内役に導かれて理想の風景に出会い、愛のもたらす豊かな世界に想いをいたすことになるだろう。

 そして本書が取り上げる作品のどれもが、もちろん「死」のもたらす残酷な姿に直面せざるを得ないとしても、そのことを通じて「死者」の面影を目にすることになるわけで、その意味では死もまた生者に救いをもたらすのだ。

 同時にここでどうしても付け加えておくべきなのは、本書が正に文学の、西欧文学のみならず、およそあらゆる文学の本質、伝統を見事にとらえている点である。

 すなわち、過去の文学を手本として新しい世界を創造することが後代の文学の重要な使命だとすれば、「死」という主題を取り上げるときにも、この本質的な想いを優れた作家は忘れることがなかったという点である。

 この意味で、タイトル以上に広い世界へ読者をいざなってくれる稀有の書と言うべきだろうか。 

*ここで紹介した本は、三省堂書店神保町本店4階で展示・販売しています。
*「神保町の匠」のバックナンバーはこちらで。

三省堂書店×WEBRONZA  「神保町の匠」とは?
 年間8万点近く出る新刊のうち何を読めばいいのか。日々、本の街・神保町に出没し、会えば侃侃諤諤、飲めば喧々囂々。実際に本をつくり、書き、読んできた「匠」たちが、本文のみならず、装幀、まえがき、あとがきから、図版の入れ方、小見出しのつけ方までをチェック。面白い本、タメになる本、感動させる本、考えさせる本を毎週2冊紹介します。目利きがイチオシで推薦し、料理する、鮮度抜群の読書案内。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林章夫

小林章夫(こばやし・あきお) 上智大学教授

上智大学英文学科教授。専攻は英文学だが、活字中毒なので何でも読む。ポルノも強い、酒も強い、身体も強い。でも女性には弱い。ラグビー大好き、西武ライオンズ大好き、トンカツ大好き。でも梅干しはダメ、牛乳もダメ。著書に『コーヒー・ハウス』(講談社学術文庫)、『おどる民 だます国』(千倉書房)など、訳書に『ご遺体』(イーヴリン・ウォー、光文社古典新訳文庫)ほか多数。