メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 さて今年2015年からは、ティエリー・フレモーとタッグを組むべく、ピエール・レスキュールという人物が新しくカンヌ映画祭に加わり、ジル・ジャコブの後継者として会長職に就任している。

 なぜジャコブが手取り足とり10年以上にもわたって育ててきたフレモーだけではダメなのかというと、カンヌ映画祭が「アソシアシオン」と呼ばれる非営利組織の形態をとっていることが関係あるだろう。この非営利組織に関する「1901年法」に基づくアソシアシオンには、基本的に会長職の椅子がある。

 それにそもそもフランスは、大統領と首相の二大巨頭の国。大統領の方が権力は大きいとはいえ、ふたりの人物がトップに就くことで、権力の暴走を監視できるという利点がある。この考え方はカンヌ映画祭でも共有されているのではと思う。

ピエール・レスキュール© ATG - Olivier VIGERIE拡大ピエール・レスキュール  © ATG - Olivier VIGERIE
 というわけでフレモーは、ジル・ジャコブの後継者となる「会長」という名の相棒が、急きょ必要となったのだ。

 大きな鼻がトレードマークのピエール・レスキュールは、フレモーとは対照的な人物だろう。

 1945年生まれでこの夏に70歳になった彼は、どちらかというと裏方志向でストイックなフレモーと異なり、華やかで野心的、本人も半分スターであると言えそうな業界の申し子である。

 彼は60年代からラジオやテレビでジャーナリストとして頭角を現し、とりわけ公共のテレビ局アンテンヌ2(現フランス2局)のポップカルチャー紹介番組「ロックの子供たち」で評判をとった。83年には有料テレビ局カナル・プリュスの創設メンバーに加わる。

 このカナル・プリュスは、自局のプログラムで放映ができる映画作品に積極的に出資をする局であるため、フランス映画にとっては最大の製作パートナーとなった。レスキュールはここで、映画業界と近しい関係を築くことができただろう。

 94年には同社の社長に就任。彼が肩で風切る勢いだった80年代前半から90年代前半にかけては、カトリーヌ・ドヌーヴと付き合っていたことでも有名だ。

 他にも有名

・・・ログインして読む
(残り:約1006文字/本文:約1848文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

林瑞絵

林瑞絵(はやし・みずえ) フリーライター、映画ジャーナリスト

フリーライター、映画ジャーナリスト。1972年、札幌市生まれ。大学卒業後、映画宣伝業を経て渡仏。現在はパリに在住し、映画、子育て、旅行、フランスの文化・社会一般について執筆する。著書に『フランス映画どこへ行く――ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』(花伝社/「キネマ旬報映画本大賞2011」で第7位)、『パリの子育て・親育て』(花伝社)がある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

林瑞絵の記事

もっと見る