メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

なぜ、福山雅治の結婚で会社を早退するのか?

ショックを受ける現代女性の社会的背景

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 先日、歌手で俳優の福山雅治氏が、女優の吹石一恵氏と結婚したと報じられ、世間を大きく騒がせたかと思います。福山氏の所属するアミューズの時価総額が、1日にしておよそ40億円も吹き飛んだというのですから、その衝撃はかなり大きいものだったと言えるでしょう。

 この福山氏の結婚に一部の熱狂的な女性ファンが強烈なショックを受けたようで、「同僚が会社を早退した」「母が家事を放棄した」というニュースが度々報じられました。

 福山氏のケースに限らず、西島秀俊氏や向井理氏など、30歳以上で独身の男性芸能人が結婚したというニュースが伝わるたびに、このような行動に走る女性ファンの存在が報道で注目を集めています。

 また、中には既婚女性がショックを受けているケースも存在しているようです。それに対して、「自分自身は結婚しているのに、なぜ他人の結婚を嫌だと感じているのか?」という疑問を持った人も少なくないはずです。

 でも、なぜ「福山ショック」のような現象が起きるようになったのでしょうか? 既婚者であるにもかかわらず、なぜ独身者の結婚にショックを受けるのでしょうか? 今回は、「福山雅治氏の結婚でショックを受ける現代女性の社会的背景」について考えて行きたいと思います。

「そして父になる」公式上映で客席の拍手に応える福山雅治=2013年拡大2013年カンヌ映画祭の『そして父になる』(是枝裕和監督)公式上映で

 まず、本題に入る前に注意したいのが、「インターネットで情報が拡散しやすくなったため、一つの事例にスポットが当たりやすくなっている」というポイントです。情報がマスメディアのみで一方通行だった時代と比べ、ソーシャルメディアが栄華を極める近年は、個人が情報発信をする際のハードルが格段に低くなり、かつその情報が拡散されやすくなりました。

 つまり、福山ショックは特異な事例だからこそネットの拡散力によって表に出て、報道でも扱われやすいという側面があることを見逃してはいけません。一種の「ノイジーマイノリティー」であるわけです。実際、周りに「福山氏の結婚で早退などの行動に出た同僚がいますか?」と聞いてみても、該当者はほとんど見つからないと思います。

 ただ、少数とはいえども、これまではスポットが当たっていなかった行動であるのは間違いなさそうです。であるならば、いったいどのような社会的背景があって、このような女性たちの行動が生まれたのでしょうか。

 ポイントは様々あると考えられますが、その中でも大きいと思われる4つについて、簡単にご紹介したいと思います。

(1)晩婚化と非婚化がもたらす

・・・ログインして読む
(残り:約2144文字/本文:約3166文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝部元気の記事

もっと見る