メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 黒沢清の『岸辺の旅』(上)

幽霊たちのセンチメンタルジャーニー

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

哀切な傑作メロドラマ

 死者が束の間この世を訪れ、生前縁の深かった者と交流する。『岸辺の旅』で黒沢清監督が描くのは、そんな不思議で切ない物語だ。

 が、死者はこの世によみがえるのではない。あくまで死者のまま、生前とそっくりの姿の幽霊として、この世にふっとやって来て、やがてあの世へと去って行く。

辺の旅拡大『岸辺の旅』
 そして死者が、あの世からの旅人として束の間この世に滞在するという、ある種のタイム・リミット的設定が、『岸辺の旅』を哀切な傑作メロドラマにしている。

 いや正確に言えば、そうした非現実的な設定に血を通わせているのは、黒沢清の飛び抜けた演出力なのだ。順を追って述べよう。

――ピアノの個人教師をしている瑞希(みずき:深津絵里)のもとに、3年間失踪していた夫の優介(浅野忠信)が、ひょっこりと「帰って来る」。

 優介は瑞希に、「俺、死んだよ」とぼそりと言うが、その言葉どおり、彼はすでに死者だった。

 そして、あっけらかんとした何気なさで出現した夫が、この世の存在ではないことを、瑞希は

・・・ログインして読む
(残り:約1393文字/本文:約1833文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る