メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

羽生結弦VS五郎丸歩、「抱かれたい男」の多様性

理想の異性像から見えてくる「社会の強さ」

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 先日『週刊女性』で発表された「抱かれたい男グランプリ2015」。これまでこの企画では木村拓哉氏と福山雅治氏が1位2位を独占し、長い間二人の独壇場だったのですが、今年は様々な順位変動が起きて大きな話題を呼んでいます。

 嵐の松本潤氏が2位の木村氏にダブルスコアの差をつけて1位を獲得。また、昨年(2014年)2位の福山雅治氏、3位の向井理氏、4位の西島秀俊氏は結婚したことでそろって大きく順位を下げるなど、結婚がランキングに与える影響が如実に表れました。

 なぜ、福山雅治の結婚で会社を早退するのか?――ショックを受ける現代女性の社会的背景(WEBRONZA)

 ただ、その中でも注目を集めたのが初登場でいきなり3位を獲得したラグビー日本代表の五郎丸歩選手でしょう。ラグビー日本代表がワールドカップで歴史的な活躍をしたことで、一躍国民的スターに。グランプリの結果も、一連の五郎丸フィーバーを決定付けるものであったため、各種メディアで取り上げられました。

 ですが、注目して欲しいところは五郎丸選手だけではなく、トップ10に入ったアスリートたちです。

 3位の五郎丸歩選手に続き、6位には男子フィギュアスケート・ソチオリンピック金メダリストの羽生結弦選手、7位にはドイツのシャルケ所属でサッカー日本代表の内田篤人選手、8位には男子テニス四大大会で日本人史上初の2位を獲得した錦織圭選手がランクインしています。

羽生拡大中性的なところが魅力か、羽生結弦
五郎丸拡大マッチョ系の代表か、五郎丸歩 

体重が2倍も離れているが……

 とりわけアスリート1位の五郎丸選手と2位の羽生選手は、見た目があまりに対照的です。

・・・ログインして読む
(残り:約2401文字/本文:約3127文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝部元気の記事

もっと見る