メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

小保方さんの「文章」、ほんと面白かった

科学少女マンガ版も読みたくなる読後感

青木るえか エッセイスト

 元少年Aの『絶歌』もこの小保方晴子さんの『あの日』もすぐ買ってしまった。

小保方晴子拡大小保方晴子さんの著書『あの日』は売れ行き好調という
 当然買いますよ。アマゾンのマーケットプレイスで1円になったら買うのでもいいのだが、そこまで待ってられるか。

 なのですぐ定価で買って両方面白く読んだ。

 この2つの装幀が似てることは早々に指摘されてるけど、文章も似てる。詩的文学的表現にのめりこみたがるところが似ている。

 Aくんは「僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な『記号』に」とかいうし、小保方さんのは「崩れた石の塔もたくさん見える。この世界を思い浮かべるたび、科学の女神の神殿を永遠に造り続ける」だし。

 ここは本の袖に抜き書きで印刷されてるぐらいだから、ここをセレクトしたのは編集部だとしても、小保方さんとしても「ここは読ませどころだわ」ってところのはずだ。

形容詞や比喩による描写に凝る文章

 これで思い出すのが

・・・ログインして読む
(残り:約2664文字/本文:約3070文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青木るえかの記事

もっと見る