メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

週刊文春のいい「回転」について考える

元同業者としては、複雑だったりするけれど……

矢部万紀子 コラムニスト

 つい先日、神保町の古書店に行ったら、ラジオが流れていて、FMのようだった。

 しばらくすると、「私以外私じゃないの」が聞こえてきた。最初から最後まで、フルコーラスがかかり、聴き入ってしまった。

ベッキー拡大ベッキー“禁断愛”の連続記事は反響を呼んだ
 うわー、こんな歌なんだー、へー、かっこいいなー、何言ってるかよくわからないけど、と思った。

 この歌については、甘利元大臣が「だーかーら、マイナンバー」と歌っているのと、本人(川谷絵音さん)歌うところのサビの部分のみを、ワイドショーで聞くばかりだったのだ。

 どちらもセットで、「週刊文春にしてやられた2人」という文脈で取り扱われていた。

 私はサラリーマン人生のいちばん長くを「週刊誌」作りにかかわってきた。

 もちろん、週刊文春でないところでだ。いわゆる「総合週刊誌」というものを作ってきたので、まあ、「週刊文春のライバル誌」を作ってきたわけだ。

 週刊誌を作っていた会社を5年前に辞め、以来シニア女性向け月刊誌の編集長をしている。

 そうなってからは、わりと平らな気持ちで週刊文春を眺めていたが、でもなんとなく、「かつて競っていて、正直負けていた相手」であるという事実を前に、ちょっと素直になれないというか、まあ、そういう面はあった。文春の手柄を前にすると、ちょっと心が傷つくような。

「君たち、人殺しの顔、見たくないのか」

・・・ログインして読む
(残り:約2324文字/本文:約2889文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る