メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[8]「子殺し」「親殺し」考 『晩春』1

末延芳晴 評論家

 拙著『原節子、号泣す』(集英社新書)の第九章「失われた自然的時間共同体」のなかで、私は、小津映画の頂点とでも言うべき『晩春』、『麦秋』、『東京物語』と連なる「紀子三部作」を通して、小津安二郎が表出した思想的根本主題について、かつて日本人が生きた幸福なる生活の源泉ともいうべき、古典的、自然的時間共同体の崩壊・消滅という視点から、「笠智衆は、死んだ妻や息子と同化することによって自らの存在を時計と化し、その時計を原節子に手渡すことで、人間が人間として美しく、調和を奏でて生きていくことを可能にする、大いなる時間の共同体は崩壊・終焉し、失われてしまったという、小津の思想を極めてシンプルに、美しく表出したのである」と記した。

 そのように記した時点で、私は、小津映画の思想的主題性を読み切ったと信じていた。

隠された主題を発見

 ところが、『原節子、号泣す』が刊行されたあと、その続編として『笠智衆と小津映画』の原稿を書き進めるかたわら、「京都漱石の会」の代表・丹治伊津子氏から小津映画連続鑑賞会の講師に招かれ、その準備のため再び「紀子三部作」を何度も見直したことで、これら作品の根底に、結婚適齢期を過ぎかけた娘の見合いを巡る父と娘、あるいは家族間の対立と葛藤という、日本のどこの家庭でもありそうなドラマの表向きの主題の裏側に、もう一つ隠された形で、動物的存在としての人間の生の本質にかかわる、極めて深刻で、悲劇的、かつ普遍的な主題が描き込まれていることを発見、小津映画の底の深さに改めて驚かされた。 

 その隠された主題とは、霊長類の頂点に立つ存在とはいえ、人間もまた、 ・・・ログインして読む
(残り:約2636文字/本文:約3321文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

末延芳晴

末延芳晴(すえのぶ・よしはる) 評論家

1942年生まれ。東京大学文学部中国文学科卒業、同大学院修士課程中退。1973年から1998年までニューヨークに在住。2012年、『正岡子規、従軍す』で第24回和辻哲郎文化賞受賞。『原節子、号泣す』(集英社新書)、『寺田寅彦 バイオリンを弾く物理学者』(平凡社)、『夏目金之助ロンドンに狂せり』(青土社)など著書多数。ブログ:「子規 折々の草花写真帖」