メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ろくでなし子氏の一部有罪判決に残る疑問(下)

逮捕するべき人物は他にたくさんいる

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

保釈後の会見で、作品を手にポーズをする漫画家のろくでなし子さん=26日夜、都内の弁護士事務所20141226拡大保釈後の会見で、作品を手にするろくでなし子さん=2014年12月、東京都内の弁護士事務所
 前回に引き続き、漫画家のろくでなし子氏(五十嵐恵被告)が一部有罪となった件について見て行きたいと思います。

「ろくでなし子氏の一部有罪判決に残る疑問(上)――現行のわいせつ性の基準は間違いだらけ(WEBRONZA)

 前回は、わいせつ的だとされたものが社会的に適切か否か判断する際には、以下の5つの基準に沿って決定されるべきであり、その点から作品を店内に展示したケースに関しては無罪が妥当であるとの結論を導き出しました。

(1)わいせつだと感じる人の多さはどれくらいか
(2)どの程度わいせつ性が強いと感じるか
(3)情報の受け手と送り手はどの程度故意的であるか、他者に向けた表現か自身の表現か
(4)どの程度公共性のある空間か、不快に感じる人々との間のゾーニングがどの程度徹底されているか
(5)性差別的または性暴力的ではない等、社会や文化に対する影響の大きさはどの程度か

非アダルトサイトで性器データの販売は適切か?

 では次に、彼女が問われているもう一つの罪である、3Dデータを配布した問題も、上記の5要件に当てはめてみたいと思います。

・・・ログインして読む
(残り:約2324文字/本文:約2793文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る