メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

佐村河内事件、および『FAKE』について(下)

真偽の彼方に?

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

森達也の立ち位置

 『FAKE』の森達也は、『A』『A2』で オウム真理教(当時)を取材・撮影した時と同じく、騒動後の佐村河内守に、独自のアングルで迫る。

 それは、前回触れたような、佐村河内を「現代のベートーヴェン」と持ち上げたのち、一転「詐欺師」として弾劾したマスメディアの報道姿勢とは、まったく異なる立ち位置である。

FAKE拡大映画『FAKE』より(右が佐村河内守氏)
 森は、佐村河内の自宅マンションでカメラを回し、“フェイク”の烙印を押された彼を至近距離からドキュメントする。

 佐村河内が“フェイク/偽者”であるという判断を、いったん宙吊りにし、あらゆる先入観ないしは二分法を遠ざけつつ、ニュートラル/中立的な態度で彼と言葉を交わし、彼の日常を記録するかのように。

 森は佐村河内と彼の手話通訳者でもある妻を介して問答をする傍ら、ベランダに出て2人いっしょに煙草を吸い、妻ともあれこれ会話をする。

 カメラはまた、取材の申し込みに訪れるメディア関係者たち、ことの真偽を取材に来る外国人ジャーナリストなどの姿を写すが、とりわけテレビマン4人組が醜悪に見える瞬間を、はからずも(?)キャッチする。

 佐村河内はといえば、おそらく自分を擁護するかのような親密さで接してくる森のスタンスゆえに、われわれがメディアの報道や神山典士らの本で知らされていたのとは大いに異なる、数々の「証言」を披歴する。

 そしてラストでは、「衝撃の12分」が映し出される(見てのお楽しみ)――。

善悪2元論への揺さぶり

 とはいえしかし、『FAKE』を見終わると、さまざまな疑問が浮かぶのも事実だ。

 たとえば、 ・・・ログインして読む
(残り:約4553文字/本文:約5518文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る