メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[9]「子殺し」「親殺し」考 『晩春』2

末延芳晴 評論家

冒頭シーンに次いで周到に書き込まれた布石

 父親による「娘殺し」と娘による「父殺し」という視点から、『晩春』を見返してみると、この作品が、冒頭の北鎌倉円覚寺の茶室で行われたお茶会のシーンにはじまり、「父親」と「娘」を巡る対的関係性が、最終的には「子殺し」と「親殺し」という古典的悲劇のドラマに展開していく布石が、いくつか周到に描き込まれていることが分かる。

 すなわち、小津安二郎とシナリオ共同執筆者の野田高梧が、茶室のシーンの次に打った布石は、原節子に、淡い恋心を抱かせる青年として、宇佐美淳演じる服部昌一という、大学研究室で笠智衆の助手を務める男を、曾宮家に出入りさせたことであった。

【写真1】 原稿を書き進める笠智衆と書き上がった原稿を清書する宇佐美淳拡大【写真1】 原稿を書き進める笠智衆(右)と書き上がった原稿を清書する宇佐美淳=写真は、DVDより筆者作成(以下の写真も同様) 
 原節子が、お茶会から帰って来ると、家では父親の笠智衆が、原稿を書き進めており、その傍らで宇佐美淳が書き上がった原稿の清書をしている(【写真1】)。

 そこへ、原が入ってきて、「ただいま――あ、服部さん、いらっしゃい」と笑顔で挨拶し、笠から「お茶入れとくれよ」と頼まれる。

 原は、「はい」と応えたあと、「服部さん、ゆっくりしていいんでしょう?」と誘う。

 しかし、服部から「いや。今日はおいとまします」と断られ、「いいじゃないの、明日だったらあたしも東京へ行くわ」と、泊まっていくことをすすめる。

 このように何の屈託もなく原の口から出て来る、「泊まっていけ」という誘いの言葉に、原が服部に対して、あたかも仲の良い兄に対する妹のような親密な感情を抱き、服部が曾宮家に、家長である笠智衆の助手というレベルを超えて、家族の一員に近い形で受け入れられていることが、すんなりと見るものに受け入れられていく。

 さらにそのうえで、「あたしも一緒に東京へ行くわ」と、原が甘えたように誘う ・・・ログインして読む
(残り:約4152文字/本文:約4907文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

末延芳晴

末延芳晴(すえのぶ・よしはる) 評論家

1942年生まれ。東京大学文学部中国文学科卒業、同大学院修士課程中退。1973年から1998年までニューヨークに在住。2012年、『正岡子規、従軍す』で第24回和辻哲郎文化賞受賞。『原節子、号泣す』(集英社新書)、『寺田寅彦 バイオリンを弾く物理学者』(平凡社)、『夏目金之助ロンドンに狂せり』(青土社)など著書多数。ブログ:「子規 折々の草花写真帖」