メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『ポケモンGO』の現在・過去・未来(上)

突きつけられた「公共性」の再定義

松谷創一郎 ライター、リサーチャー

日本発表前から注目

 『ポケモンGO』が日本で発表されて、約3週間が経過した。

 いま振り返れば、そもそもあのような事前の盛り上がりが珍しいものだった。海外のコンテンツが日本で大ヒットすること自体は、珍しくない。数年前のアニメ『アナと雪の女王』は、映画興行収入で日本歴代3位の大ヒットだった。ただ、そのときも海外でヒットしたというニュースが日本で広がったわけではない。

西本願寺の阿弥陀堂門に掲げられたポケモンGOの使用禁止を伝える看板拡大京都の西本願寺では阿弥陀堂門に「ポケモンGO」の使用禁止を伝える看板が掲げられた
 もちろんこの騒ぎは、『ポケモンGO』がアメリカ・ナイアンティック社のゲームでありながらも、半分は日本のゲームだったことに起因する。

 とは言え、海外先行のコンテンツが日本でここまで渇望される状況は、なかなかなかった。

 現在、ハリウッド映画は日本とのタイムラグがかなりなくなっており、海外のミュージシャンの来日を多くのひとが待ち望むようなことも起こらない。日本発表前の注目そのものが、そもそもかなり珍しい状況だった。

 それもあって、7月22日に日本で発表されると、当然のごとく日本でも大ヒットした。ふだんはゲームをやらない層も夢中だ。もちろん物珍しさでダウンロードしただけのひとも少なくないだろうし、いまの勢いがこれからずっと続くわけでもない。しかし、これまでにはない分母の大きさなので、ある程度の落ち着きを見せながらもこれからも当分ヒットは続くだろう。

『ポケモン』ブランドの復活

 筆者も発表当日に即座にダウンロードした。自宅のすぐそばがポケストップなこともあり、家にいながらにしてアイテムが取り放題の恵まれた環境にある。とは言え、 ・・・ログインして読む
(残り:約3718文字/本文:約4374文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松谷創一郎

松谷創一郎(まつたに・そういちろう) ライター、リサーチャー

ライター、リサーチャー。1974年生まれ。商業誌から社会学論文、企業PR誌まで幅広く執筆し、国内外各種企業のマーケティングリサーチも手がける。得意分野は、映画やマンガ、ファッションなどカルチャー全般、流行や社会現象分析、社会調査、映画やマンガ、テレビなどコンテンツビジネス業界について。著書に『SMAPはなぜ解散したのか』(SB新書)、『ギャルと不思議ちゃん論――女の子たちの三十年戦争』(原書房)。共著 に『どこか〈問題化〉される若者たち』(羽淵一代編、恒星社厚生閣)、『文化社会学の視座――のめりこむメディア文化とそこにある日常の文化』(南田勝也、辻泉編、ミネルヴァ書房)等。

松谷創一郎の記事

もっと見る