メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 これまで6回にわたり、痴漢の問題について様々な視点から分析と提案をしてきました。ただし、これでもまだ論じて切れていないことも多くあり、痴漢問題が本当に日本社会に根付いた深い社会的課題であることを痛感しています。

連載 最も身近な犯罪「痴漢」はなぜなくならないのか?

 この連載では痴漢に絞って話をしてきましたが、電車の中は痴漢に限らず、女性にとっては「無法地帯」であることが少なくありません。

 たとえば、「ベビーカーは邪魔だから折りたたむべきだ」という主張をする人がいます。国土交通省も「ベビーカーを折りたたむ必要はありません」という通達を出してはいるものの、いまだに折りたたまないことで親(特に母親)を批判する声は少なくありません。

 マタニティーマークを付けた妊婦に対するいやがらせ問題も同様です。「なぜ妊婦を優遇するのか?」という意見が次第に大きくなり、妊婦がお腹を蹴られる、暴言を吐かれるなどの行為も発生しています。それゆえ妊婦がマークをつけることを自粛し始めて、マークの使用率が低下しているのです。

マタニティーマークがなぜ攻撃されるのか?(WEBRONZA)

 このような状況で果たして安心して子供を産めるのでしょうか? 産みやすい社会を本気で考えるならば、このような問題にも厳格に対処していくべきでしょう。

自己責任論の台頭

 このように痴漢の問題に限らず、女性に対する理不尽な様々な暴力がまかり通っている現状を見ると、何としても改善しなければならないと思うのですが、近年その足を引っ張っているのが自己責任論の台頭です。 ・・・ログインして読む
(残り:約1710文字/本文:約2379文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る