メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[12][性的解放」と「禁制」考 『晩春』5

つながっていた「お沢庵」

末延芳晴 評論家

 『晩春』において、性的な結合願望の隠喩としての自転車を漕いで、湘南の海岸沿いの道を原節子と宇佐美淳が並走するシーンが表象し、意味するものについて、もう少し深く記述を進めておきたい。

 「時速35キロ」の速度制限標識とコカコーラの宣伝用木製立看板の横を走り去って、原節子と宇佐美淳は、茅ケ崎までサイクリングし、一休みするために浜辺の小高くなった砂丘の上に腰を下ろす。意味ありげな曲線を描きながら並行して砂地を走る、2台の自転車の轍(わだち)の跡が、磁石のプラスとマイナスのように惹かれ合いながら、決してある距離以上には接近しようとしない二人の心と身体の関係性を暗示していることは、言うまでもない。

 だが二人は、そのあと、その先には身体が、そして唇が触れ合うしかない、ギリギリの距離まで接近する。すなわち、宇佐美に続いて砂地に腰を下ろした原が、「じゃあ、あなたはどっちだと思う?」と聞き返し、それに対して宇佐見が、「そうだな、あなたはヤキモチなんか焼く人じゃないな」と答えると、原の顔がアップで大写しとなり、左の眉をやや吊り上げ、満面の笑顔で、「ところが、あたしヤキモチヤキよ」と返す。

心身の武装を解く原節子

 このシーンで、二人が交わす会話の意味を真に理解するには、砂地に腰を下ろす二人の姿勢の違いに注意する必要がある。

【写真1】 こんなところに何故と思わせる不可思議なコカ・コーラの宣伝板=写真は、『晩春』のDVDより筆者作成拡大【写真1】 原節子が、海に向かって身体を開いているのに対して、宇佐美淳は上半身を左側にかしがせ、距離を取っている=写真は、『晩春』のDVDより筆者作成(写真2~5も同様)
 すなわち、宇佐美の右側に坐る原節子は、両足を投げ出し、両手を左右に後ろに引いて地面につっかえ、上半身をやや後ろにそらす形で、「じゃあ、あなたはどっちだと思う?」と問い糺し、海を見つめていた目を宇佐美に戻して見つめる。

 このとき、原節子の心身は、ほとんど無防備に宇佐美に対して開かれていると言っていい。

 別の言い方をすれば、原は、海を前にして心身の武装を解き、全身を仰向けにさらけ出すようにして投げ出すことで、宇佐美を受け入れる体勢を取っているといえる。

 それに対して、宇佐美は、 ・・・ログインして読む
(残り:約2789文字/本文:約3711文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

末延芳晴

末延芳晴(すえのぶ・よしはる) 評論家

1942年生まれ。東京大学文学部中国文学科卒業、同大学院修士課程中退。1973年から1998年までニューヨークに在住。2012年、『正岡子規、従軍す』で第24回和辻哲郎文化賞受賞。『原節子、号泣す』(集英社新書)、『寺田寅彦 バイオリンを弾く物理学者』(平凡社)、『夏目金之助ロンドンに狂せり』(青土社)など著書多数。ブログ:「子規 折々の草花写真帖」