メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

こんな勉強法で、「死ぬまでSEX」できますか?

「週刊現代」「週刊ポスト」の「熱血予備校路線」が鬱陶しすぎる

矢部万紀子 コラムニスト

変な必死さ、余裕なし

 ここで「週刊ポスト」と「週刊現代」のことを書くのは、3年ぶり2度目だから、日ハムよりも広島よりも強いってことになる。

 それもそのはず、「死んでもセックス」したいという欲求が、どろどろと渦巻いているんだもの。

 「だもの」ってのは、3年前にポスト現代路線を「定年しても、勃たなくても、セックスしたっていいんだよ、人間だもの」と戯れに表現したのを踏襲したわけだが、実態としてはこの路線、3年の間にまるで違うことになっていた。相田みつを的な牧歌的空気はすっかりなくなり、変な必死さが際立ち、余裕なし状態。おやおや、みなさん、どうしたの、である。

 ことの発端は、週刊現代の10月15・22日号。「さよなら、『死ぬまでSEX』 妻からの伝言」という記事が載った。そこで「したっていいんだよ、人間だもの」の終焉という事態について、書いてみようと思ったわけだ。

 妻からのどんな伝言かは、見出しを引用する。いわく「もういい加減、目を覚ましてください」。いわく「もう濡れにくいんです」。いわく「つらくて、つらくて」。いわく「枯れたっていいじゃない」。

 端的である。記事では作家とかカウンセラーとか杉本彩似の典子さん(52歳)とかが出てきて話しているが、これ以上、補足不要だろう。記事の最後はこう結ばれていた。

 <死ぬまでセックスなどしなくていい、と妻たちは言う。ならば、過去の甘美な思い出を思い出のままでしまっておいて、服の上からそっと妻を抱きしめよう。そこから新しく幸せな夫婦関係が始まるのだ>

 ふむふむ。週刊現代はなぜ、このように境地を変化させたのか、これからどこへ行こうとしているのかとか、宿敵ポストはどう出るのだろうとか、そんなことを書こうと思っていた。

100になっても!

 が、しかーし。なんと「死ぬまでSEX」にさよならしていたのは、その翌週のみ。翌々週の11月5日号では、「『ドクターSEX』 Hな女医が大集合」を掲載し、次いで11月12日号では「60すぎたら『はしたない』SEXをしよう」を掲載。

11月5日号では、「『ドクターSEX』Hな女医が大集合」拡大「週刊現代」11月5日号の「『ドクターSEX』Hな女医が大集合」
 後者には、「70すぎて80すぎて、90すぎて100になってもしたい!」とサブ見出しが立っている。これって、「死ぬまでSEX」の言い換えじゃん。

 やれやれ。村上春樹でなくても、そう言いたくなる。

 「さよなら」した後にすぐ復活させるのは、少しバツが悪いと感じたからだろうか、「Hな女医」3人の鼎談は、このところの路線とは少し離れた「だもの」時代の香りがする記事だった。今回ポス現の記事を何本か読んだ中で、唯一、笑えた。

笑えるポイントその1

・・・ログインして読む
(残り:約1643文字/本文:約2793文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る