メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

東京国際映画祭、「残りもの」ばかりの苦しい事情

セクションの再編成とロジスティックを備えれば、「万年三流映画祭」から抜け出せる

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

「東京国際若手映画祭」?

 実は今年初めて、東京国際映画祭のコンペ16本をすべて見た。今年から朝日新聞が「メディアパートナー」になったこともあって、朝日新聞デジタルで「星取表」を担当したから。全作品に1個から5個までの星をつけたが、その過程で見えてきたことがあった。

 一番驚いたのは、今年のコンペが若手中心だったこと。初長編が5本もあり、ほかは邦画も含めて、3~5本目が多い。なんだ「若手映画祭」だったのかと初めてわかった。邦画に関しては、矢田部吉彦ディレクターが「新人の時期を過ぎ、次のステージを狙える監督」と語っていたが、外国の映画もそんな感じ。

東京国際映画祭拡大課題が山積している東京国際映画祭=撮影・筆者
 ところがチラシにもカタログのどこにもそのことは書かれていない。それならばそもそも「東京国際若手映画祭」と銘打つべきだろう。

 とはいえ、去年(2015年)はベテラン小栗康平監督の『FOUJITA』が出ていたわけだから、よくわからない。

 世界の映画はいまやカンヌ国際映画祭を中心に動いている。それから漏れた作品はロカルノ、ベネチア、トロント、釜山などを狙う。その後の東京は、本当に「残りもの」しか残っていない。

 当然、有名監督の映画は失敗作でも出品済みで、結果として無名の若手から選ぶしかないのだろう。そんな苦しい事情が感じられる。

 いっそのこと、やはり「東京国際若手映画祭」にしたらわかりやすいのだが、そうすると国際映連の国際映画祭の「ジャンルなし」という第一カテゴリーからはずれてしまう。だから明示せずにこっそりと若手を選んでいるのが現状か。

 私の知っている外国人ジャーナリストたちは、日本映画を中心にアジア映画を数本見る。欧米や中近東、中南米の映画は「残りもの」だと知っているから。それではコンペをやる意味がない。

コンペのコンセプトを考え直せ

 解決法は簡単で、 ・・・ログインして読む
(残り:約1709文字/本文:約2476文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

古賀太の記事

もっと見る