メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 今年度のノーベル文学賞に、シンガー・ソングライターのボブ・ディランが選ばれたことが、先ごろ大きな話題となった。しかしその後しばらくディランが受賞について沈黙を守ったことで、いろいろな憶測が飛びかったようである。

ノーベル博物館内の店にも、ボブ・ディランさんに関する書籍が並んでいた拡大ノーベル賞授賞式を前に、スウェーデン・ストックホルムのノーベル博物館内の店には、ボブ・ディランに関する書籍が並べられた
 結果的にディランは受賞を受け入れたが、私が見るところ、ディランの受賞およびその沈黙の両者について、典型的な二つの反応があったようである。どちらもノーベル賞を再考するのに、よいきっかけを与えてくれたと思う。

 典型的な反応の一つとして、作詞家・歌手が賞をえたことで、同業者(特に前者の)ないしそれに近い場にいる人が、自分たちの地位があがると欣喜雀躍した、という。

 もう一つは、文学賞選考委員長のそれである。同委員長は、ディランが何の反応も示さない事実にいら立ち、ディランを「無礼で傲慢だ」などという苦言を呈したと、広く報道された。

 だが、いずれもノーベル賞なるものについて、考え違いをしているのではないかと思えてならない。

ディランの受賞は作詞家の地位を高めたか?

 前者の反応は、作詞家の間から出されたものである。彼らの間にはディランの受賞を喜んでいる人が多いようである。文学賞が小説ではなく詩(むしろ歌を前提とした作詞)に与えられたことで、詩人(むしろ作詞家)の地位があがるというのである。『ニューズウィーク』日本版(2016年10月25日号)が、そうした観点からディランの受賞を喜ぶ人について報じている。

 もし彼らが、それまで自分たちの営みの価値が(十分に)認められなかったと感じていたとすれば、喜ぶ気持ちは分からないではない。だがむしろその感じ方は、ディランがノーベル賞を受賞したことで、はじめて自覚されたのではないか。あるいは、強められたのではないか。ノーベル各賞の範囲外に、とはいえ各賞の周辺にある分野では、そうした自己評価へのゆがみが発生しやすいように思われる。

 しかも問題は、賞をもらうことで地位があがる営みは、今後ふたたび関係者が賞をもらうという幸運に恵まれなければ、かえって自らの地位を低下させることになるという点である。

ノーベル賞の対象にならない営みに価値はないか?

 さらに、自分の業界がノーベル賞によって認められたと思ったとたんに、今度は、ノーベル賞で認められない他の多様な営みを、無価値あるいは低価値と決めつけたことにならないだろうか。

 そもそも世の中には、ノーベル賞などと無縁でも、すばらしい人間的な営みがたくさんある。ノーベル賞で地位があがったと思う人は、それらはどれもすばらしくない、ノーベル賞がもらえなければ価値は認められない、と考えているだろうか。「否」と答えても、自らの行動・発言がそれを裏ぎっている。

 はっきり言うが、ノーベル賞などたいしたものではない。「文学」も ・・・ログインして読む
(残り:約1567文字/本文:約2735文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る