メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

進化著しい俳優・小西遼生に聞く(上)

1930年代の上海を舞台にした音楽劇『魔都夜曲』出演

岩橋朝美 フリーエディター、フリーライター


拡大音楽劇『魔都夜曲』に出演する小西遼生=冨田実布撮影

 マキノノゾミ作×河原雅彦演出の注目のタッグによる音楽劇『魔都夜曲』が、7月7日よりBunkamuraシアターコクーンで上演される。作品の舞台は、 “魔都”とも称された、エキゾチシズムあふれる1930年代の上海のジャズクラブ。生バンドのジャズの音色とともに、ひとりの日本人青年を中心に、華やかさと暗部を抱えた上海の歴史に隠された秘めた恋と、時代の光と影を華やかかつドラマティックに描き出す。

 本作は、藤木直人が扮する、公家の血を引き政府の要人を父に持つ日本人青年・白河清隆と、マイコ演じる中国人女性・周紅花(チョウ・ホンファ)の恋愛を軸に展開。周紅花の兄で、白河とも関わりを持っていく中国人、周志強(チョウ・チーチャン)を演じるのが、今年1月に上演されたミュージカル『フランケンシュタイン』のアンリ&怪物の二役で新境地を開いた小西遼生だ。本作でフィーチャーされるジャズに対する思い入れや、共演者の印象、『フランケンシュタイン』や『next to normal』における役作りなどについて話を聞いた。

奔放だけどすごくカッコいいと思った

 ――台本も稽古もこれからとのことですが、どんな作品になりそうかイメージはありますか?

 まだ具体的なイメージは湧いていないのですが、個人的に好きな要素がたくさん入っている作品という気がします。ジャズを使っていたり、メインの舞台がジャズクラブであったり、時代感であったり……。この時代のことをよく知っているわけではないのですが、ストレスフルな時代だったと思うんです。そういう状況って、他人事ですけれどもワクワクする部分もあるじゃないですか。完全に自由ではない状況でも、恋愛や人間関係や音楽など、さまざまな楽しみを見つけて生きている。そんな人物像が描かれそうな気がしてワクワクしています。

――小西さんが演じるのは、中国人の周志強(チョウ・チーチャン)役ですね。どんな役柄ですか?

 どうなんでしょう……。まだ、どういう役になるのかわからないんですよね。

拡大音楽劇『魔都夜曲』に出演する小西遼生=冨田実布撮影
――周は、藤木直人さんが演じる主人公・白河清隆役と関わりを持っていく人物ですよね。白河清隆は、実在の人物である近衛文隆さんがモデルになっています。それまで、名家の御曹司として奔放に好き勝手に遊んで生きてきた白河が、第二次世界大戦目前の激動の上海で恋愛や人間関係を通じて、自らの使命に気づいていくという話なのかなと想像していました。

 モデルになっている近衛さんは、家柄に縛られて、本来いろんなことに積極的に生きることができない立場だったと思うんです。でも、この作品のもととなった本を読むと、近衛さんは自分自身で行動して、躍動している印象があって。使命がある人がそんな風に生きていいのかという視点で見ると、自由奔放だと思うのですが、僕はすごくカッコいいなと思いました。自分に足りないものを積極的に身に付けようとしたり、道を切り拓こうとしたり、自分でも抑えられないような情熱があったり、規格の大きい人というイメージです。この作品では必ずしもそのまま描かれるわけではないでしょうが、とても魅力的な人で、彼の人生を凝縮した物語を見てみたいなと思いますね。

◆公演情報◆
cube 20th. presents 音楽劇『魔都夜曲』
2017年7月7日(金)~7月29日(土) 東京・Bunkamura シアターコクーン
2017年8月5日(土) ~8月6日(日) 愛知・刈谷市総合文化センター 大ホール
2017年8月9日(水) ~8月13日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
[スタッフ]
作:マキノノゾミ
演出:河原雅彦
[出演]
藤木直人、マイコ、小西遼生、壮 一帆、松下洸平、秋 夢乃、高嶋菜七、浜崎香帆、中谷優心、キッド咲麗花、村上貴亮、吉岡麻由子、前田悟、板倉チヒロ、田鍋謙一郎、奥田達士、コング桑田、春風ひとみ、山西惇、村井國夫、橋本さとし
[企画・製作]株式会社キューブ
公式サイト
〈小西遼生プロフィル〉
2005年、特撮 TVドラマ『牙狼』に、主人公・冴島鋼牙役で出演。2007年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でマリウス役を爽やかに演じ脚光を浴びる。TVドラマ、映画、舞台と活動範囲は広い。近年の舞台出演作品に、『フランケンシュタイン』『ガラスの仮面』『End of the RAINBOW』『ダブリンの鐘つきカビ人間』など。
小西遼生オフィシャルサイト

・・・ログインして読む
(残り:約2465文字/本文:約4338文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

岩橋朝美

岩橋朝美(いわはし・あさみ) フリーエディター、フリーライター

映画関連のムック・書籍の編集に携わった後、女性向けWEBメディア・Eコマースサイトのディレクションを担当。現在はWEBを中心に、ファッション・美容・Eコマースなど多様なコンテンツの企画、編集、取材、執筆を行う。また、宝塚やミュージカルを中心とした舞台観劇歴を生かし、演劇関連の取材や執筆も行う。

岩橋朝美の記事

もっと見る