メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

14年ぶりの上演、『人間風車』

夢が悪夢に変わる時…。笑いは戦慄と号泣へ!

パルコ、キューブ提供


拡大PARCO&CUBE 20th. present『人間風車』

売れない童話作家がやっとつかんだチャンス、
しかしそこには卑劣な罠が仕掛けられていた。
どん底まで叩き落された作家が起こす身悶えするような戦慄の出来事とは!?
可笑しな爆笑童話の世界から一気に引き込まれる恐怖の波状攻撃!!

 2000年にパルコ版が初演された『人間風車』は、笑い、恐怖、感動と、エンターテインメントの全てが詰まった舞台としてお客様から大好評を頂きました。2003年の再演を経て、それから14年。河原雅彦を演出に迎え、キャストを一新、新たな演劇として満を持して上演いたします。

 この作品に込められた恐怖のエッセンス、それは「想像する快楽と恐怖」です。物語を語りによって伝えられるとき、そこでは聞く人の想像力をかきたて豊かな空想世界が広がっていくのです。物語が作り出す「夢」の力は絶大です、だからこそ、この作品の「夢」が「悪夢」に変わる瞬間こそ、この作品の恐怖の真骨頂なのです。そして、その恐怖の裏で、心許した人からの裏切り、愛する事への挫折、様々な感情が渦巻きながら、大きなドラマが展開していきます。

 舞台『人間風車』は、後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に1997年書き下ろし上演、その後2000年、パルコ劇場にてG2演出のもと、生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲ、八嶋智人、大倉孝二、など現在も活躍する錚々たるキャストが集結し上演、作品の衝撃度と共に長らく演劇界の伝説となりました。2003年にも永作博美、入江雅人、河原雅彦、他のキャストにより再演された伝説の人気作です。この度、14年の時を経て、まったく新しい形で再演されることが決定しました。

成河、ミムラ、加藤諒…個性ある実力派がそろった役者陣

 主演・平川役は、高い身体能力と演技力で、会話劇から大型ミュージカルまで幅広く出演し、演劇界で八面六臂に活躍中の今最も旬な実力派俳優、成河(ソンハ)。平川という人物の、天国から地獄に堕ちてゆく激情を、成河がいかに演ずるか期待が高まります。ヒロイン・アキラ役はミムラ。舞台出演は今回が2度目となります。存在感と透明感、確かな演技力に定評があり、絵本の解説本を出版するなど無類の読書好きとしても知られるミムラの、深いイマジネーションと洞察力生きる作品になるでしょう。そして、物語のキーとなる、青年・サム役は加藤諒。加藤は昨年、その強烈なビジュアルとキャラクターとキレのあるダンスで、バラエティ番組でのブレイクを果たし、一方舞台『パタリロ』では、主役・パタリロ役を演じ、原作との高いシンクロ率で話題となる等、唯一無二の存在感で巷の話題をさらっています。加藤が、サムという役を通じ、舞台上でどんなオーラを放つのか期待されます。

 更に、河原雅彦による演出は、2017年版のもう一つの見どころです。2003年版でサムを鬼気迫る迫力で演じた河原が、今回は演出を担います。河原は、エンターテインメント性とカルトな世界観を両立させる独特な美学と高い演出力で、大劇場、小劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、様々な作品を手がけ高い評価を得、今、演劇界を牽引する演出家の一人です。その河原が、より恐怖とエンターテインメント性を高めた、新しい『人間風車』を創りあげます。今回も演劇界で旋風を巻き起こすに違いありません。

〈ストーリー〉
 童話作家の平川は、その作品のひねくれへんてこ度のせいで一冊の本も出版出来ない。新聞配達をしながら、せっせと童話を書いている。毎週末に怪獣公園と呼ばれる近所の公園で、平川は子供たちに自作のへんてこ童話を語って聞かせるのだった。友人の童話作家・国尾は作品を発表しろと忠告するが、平川はマイペースで、今日も公園で子供たちに話を聞かせているのだった。そんなある日、子供たちと一緒に童話を聞く青年が現れた。彼の名前はおさむ。自らをサムと名乗る彼、サムは平川の童話を聞くとすぐにその話を覚え、自分で工夫した衣裳を身にまとい童話の登場人物になりきって現れる。見た目は大人だが、まだ幼い少年のような言動の不可思議な青年だった。

 ある日、どうしてもお金が足りなくなり、大学時代の友人で今はテレビ局のディレクターをしている小杉にお金を借りようと局を訪れた平川。ひょんなことで、女優でレポーターのアキラと知り合い、恋心が芽生える。そして平川はアキラと知り合ってついに傑作童話を書きあげる。しかしそのことが発端となって、平川は親友だと思っていた男に裏切られ、恋人からは誤解され、そして世間から見捨てられてしまう。理不尽な目に会い、転落した平川が取った行動とは…。

○平川/成河
 売れない童話作家。彼の作風は奇怪で、どれもへんてこなものばかり。登場人物は全てレスラーの名前で、作品のタイトルはレスラーのニックネーム。しかもテーマといえば「一生懸命生きていると損をする」とか「三流大学出身よりは高卒がまし」とか…。そんな彼の作品発表の場は近所の公園。毎週土曜日に子供を集め自ら語って聞かせている。何事にも無欲な男だったが、アキラとの出会いが彼に大きな変化をもたらし、これまでの作品とはまったく違う「傑作」を生みだしてしまう。そしてそれが悲劇の始まりだった。

○アキラ/ミムラ
 実力のある女優なのだが仕事に恵まれていない。今は小杉がディレクターを務めるトーク番組(?)の司会を務めている。実は幼い頃、自分の過失から、弟・サムにある事を起こしてしまい、それが深い心の傷となっている。以来サムの面倒を見続け、現在もサムと二人きりで生活していた。ある日平川と出会い、平川の純朴さとその物語に心惹かれるが、平川が冗談めかして話したサムへの中傷に激怒し…。

○サム/加藤諒
 31歳。少年のような言動の不思議な青年。実はアキラの弟。子供たちに混じって平川の話を聞いては、家庭雑貨でその主人公の衣裳を模し、翌週現れる。平川の話を完璧に記憶し、その童話の全てを体現し、現実化していく。

人間本来の持つ弱さと醜さ、矛盾と葛藤をきちんと表現したい

■作・後藤ひろひと コメント
 『人間風車』と言えば往年の名レスラー、ビル・ロビンソンではないのか? ええ、その通りです。この作品にはプロレスに関するお話がたくさん隠れています。それでもこの作品はコメディであり、ホラーであり、ファンタジーであり、私が書いた脚本の中では最大の悲劇です。今回いくつもの部分を書き直す事にしました。きっとこれまでとはずいぶん違う『人間風車』をお見せする事になるのでしょう。

■演出・河原雅彦 コメント
 僕もかつて出演させてもらったファンタジーホラーの傑作『人間風車』を演出させてもらう日がくるとはなんとも感慨深いわけで、この作品が持つ行き場のない悲哀と苛立ちと恐怖を僕なりのタッチで増幅してみようと、後藤さんの想いも合わさって、ちょっとした変更を試みるわけで、ま、観た人の心に嫌というほどまとわりつくような爪痕を残せるよう、いっちょやってみます。

■平川役・成河 コメント
 素晴らしい作品に参加させて頂く事が出来てとても幸せに思っています。僕は売れない絵本作家の役をやらせて頂きます。この作品の持ち味である、人間本来の持つ弱さと醜さ、矛盾と葛藤をきちんと表現出来るよう、全身全霊、役と自分と向き合っていきたいと思います。

■アキラ役・ミムラ コメント
 このような興味深いテーマの作品に参加出来る事を、とても嬉しく思っております。童話好きとして、その面白さと自由さ、そして時に怖さを感じておりましたので、これらをベースとした人間模様を演じるのが楽しみでなりません。“アキラ”として舞台を生き、皆様を物語の深淵へお連れできるようしっかり務めさせて頂きます。

■サム役・加藤諒 コメント
 2000年と2003年に上演され、観劇された方々に笑いと恐怖と感動を与えた偉大な作品に出演させていただく事になりまして、大きなプレッシャーと共にとてもワクワクしております!! もがき苦しみながら、成河さん、ミムラさん、そして演出の河原雅彦さんに 喰らい付いていけるように精一杯頑張らせて頂きます!!

◆公演情報◆
PARCO&CUBE 20th. present
『人間風車』
2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝) 東京・東京芸術劇場プレイハウス
2017年10月13日(金)高知・高知県民文化ホール オレンジホール
2017年10月18日(水)福岡・福岡市民会館 大ホール
2017年10月20日(金)〜22日(日)大阪・森ノ宮ピロティホール
2017年10月25日(水)新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
2017年10月28日(土)長野・ホクト文化ホール 中ホール
2017年11月2日(木)仙台・電力ホール
ほか予定。
[スタッフ]
作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦
[出演]
成河、ミムラ、加藤諒、矢崎広、松田凌、今野浩喜、菊池明明、川村紗也、山本圭祐、小松利昌、佐藤真弓、堀部圭亮、良知真次
公式ホームページ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。