メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 傑作『パーソナル・ショッパー』

異形のファッション心霊映画

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 オリヴィエ・アサイヤス監督の『パーソナル・ショッパー』(以下『PS』)を見て、驚嘆した。鈍いインパクトが、見終わったあとも微熱のように体に残る、掛け値なしの傑作だ。

 しかし『PS』は、昨年(2016年)のカンヌ国際映画祭で賛否両論を巻き起こした曰(いわ)くつきの映画で、私の周囲でも評判はあまり芳しくない。もっとも、『PS』の不評については想像がつくが、それについては後述。

「パーソナル・ショッパー」(C)2016 CG Cinema 〓 VORTEX SUTRA 〓 DETAILFILM 〓 SIRENA FILM 〓 ARTE France CINEMA 〓 ARTE Deutschland / WDR 拡大『パーソナル・ショッパー』 (C)2016 CG Cinema=VORTEX SUTRA=DETAILFILM= SIRENA FILM=ARTE France CINEMA=ARTE Deutschland / WDR
 ではいったい、『PS』はどんな映画なのか。

――ヒロインのモウリーン(クリステン・スチュワート)は、多忙なセレブに代わって服や小物を買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働いている。

 いわば華やかなファッション業界の裏方的存在で、中性的な美貌のクリステン・スチュワートにぴったりの役柄だ。

 そして、モウリーン/スチュワートのキャラクター設定がユニークなのは、彼女が“PS”であると同時に、霊能者/霊媒師である点だ(<霊媒(師)>とは、死者と生者の交信を媒介する能力をもつとされる、心霊術の術者。口寄せ。英語では<霊媒>はmedium(ミーディアム)だが、もともとそれは「メディア=媒介物、媒体」の意味)。

ファッション映画とホラー映画との接続/混交

 こうしたモウリーンのキャラクター設定ゆえに、『PS』は、ファッション業界の裏面を描くバックステージ/舞台裏ものというジャンルに、ホラーの要素を含む心霊映画というジャンルが接続されたフィルムとなっている。つまり『PS』では、二つのジャンルが混交しているわけだ。思うに、こうした作風を、噛み合わない異質なジャンルのミスマッチとして受けとめた観客が、この映画に戸惑い、拒否反応を抱いたのではないか。

 むろん、どのような印象を持とうと、それは観客の自由である。が、少なくとも私は、二つのジャンルがみごとに接続された映画として『PS』を堪能した。そしてその印象は、二度三度と見返すたびに強まった(『PS』は眉間にしわを寄せて見る“お勉強アートフィルム”でも、理詰めで考え込みながら見る難解ミステリーでもないと思うが、どうもそういう風に鑑賞(!)されてしまった嫌いがある。まあ確かに、アサイヤスは説明的な描写を極力排してはいるのだが)。

 したがって以下では、こうした二つのジャンルの接続/混交という点をふまえて、『PS』というフィルムを論じてみたい。

・・・ログインして読む
(残り:約2351文字/本文:約3395文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る