メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

水田航生×植原卓也インタビュー/上

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」に出演

真名子陽子 ライター、エディター


拡大植原卓也(右)と水田航生=伊藤華織撮影

 岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュース公演「ZEROTOPIA(ゼロトピア)」に出演する水田航生と植原卓也の対談インタビューを行いました(2017年12月、「ZEROTOPIA」制作発表会見の後に行いました)。

 地球ゴージャス公演15作品目となる「ZEROTOPIA」は、豪華客船が沈没し地図にない島に必然的にたどり着いた男女の運命を描いた物語。その島はユートピア〈理想郷〉へ向かうのか、ディストピア〈地獄郷〉へ向かうのか……。「生」という普遍的なテーマを題材にしたエンターテインメント作品です。

 同じ事務所の先輩でもある岸谷と寺脇を尊敬してやまない水田と植原。その二人への熱い思いと作品へかける思い、地球ゴージャスの稽古場の様子や柚希礼音さんとの共演について、またお互いの印象などを伺いました。

制作発表会見で司会、いろいろと……大変でした

――制作発表会見では司会をお二人でされていました。

水田:すみませんでしたっ!

植原:(笑)まず、それ!?

――(笑)

水田:いやあ、緊張しましたね。

――やはり、緊張されましたか?

植原:しましたね。あの方々を前にしての司会だったので……。

水田:司会なんてやったことないですしね。

拡大植原卓也(右)と水田航生=伊藤華織撮影

――なぜ、司会を任されたんですか?

植原:『NAVITOPIA』という「ZEROTOPIA」のナビゲート番組を僕たち二人でやらせていただいていて、制作発表もナビゲートする立場で参加させていただきました。今着ている衣装は、その番組の衣装なんです。

水田:初めて会うキャストの方もいましたので、緊張したところがあったよね。

植原:そうだね。様子を伺いながら進めていましたね。今までも出演する舞台の制作発表会見に出たことはありますが、司会の方の気持ちが少しわかりました。こんなに大変なんだなと。

――緊張したこと以外で何が大変でした?

植原:台本通りに進めなきゃいけないという基本的なことから、みなさんの発言を聞き取ってそれぞれに対応しないといけないですし、いろいろと……大変でした(笑)。けれど、いい経験をさせていただきました。

◆公演情報◆
ダイワハウス Special 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」
2018年4月9日(月)~5月22日(火) 東京・TBS赤坂ACTシアター
2018年5月29日(火)~6月2日(土) 愛知・刈谷市総合文化センター
2018年6月9日(土)~10日(日)  新潟・新潟テルサ
2018年6月22日(金)~24日(日) 福岡・福岡サンパレス
2018年6月30日(土)~7月1日(日) 広島・広島文化学園HBGホール
2018年7月6日(金)~15日(日) 大阪・フェスティバルホール
[スタッフ]
作・演出:岸谷五朗
[出演]
柚希礼音 西川貴教/新田真剣佑 宮澤佐江・花澤香菜(Wキャスト)/藤林美沙 原田薫 大村俊介(SHUN) 水田航生 植原卓也/岸谷五朗 寺脇康文 他
公式サイト
地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15 「ZEROTOPIA」ナビゲート番組『NAVITOPIA』
〈水田航生プロフィル〉
大阪府出身。2005年、約5000人の応募者の中から「第1回アミューズ王子様オーディション』のグランプリを受賞し俳優デビュー。主な舞台出演作品に、『スマートモテリーマン講座』、『Glorious!(グローリアス!)』、『お勢登場』、『マイ・フェア・レディ』など。
水田航生公式ブログ
水田航生公式ツィッター
〈植原卓也プロフィル〉
大阪府出身。2000年にダンスユニットでデビュー後、2005年に俳優デビュー。主な舞台出演作品に、『THE CIRCUS!』エピソード1、ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』、『ソングライターズ』、『キューティ・ブロンド』、『スカーレット・ピンパーネル』など。現在、ミュージカル「黒執事-Tango on the Campania-」に出演中。
植原卓也公式ブログ
植原卓也&STAFF公式ツィッター

・・・ログインして読む
(残り:約3077文字/本文:約4814文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る