メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

続・中絶や避妊、性交を扱う性教育は「不適切」か

自分の性行動を考え、多様性を学ぶ「性の学習」

田代美江子 埼玉大学教育学部教授

=関市武芸川町の博愛小学校拡大学校の先生だけではなく、性教育に取り組む様々なグループが各地の学校で授業をおこなっている=岐阜県関市の博愛小学校で

 今回、都議や東京都教育委員会が問題視した「性の学習」の実践づくりには、6年前から教員と私を含めた研究者数名でともに取り組んできた。「性の学習」は、総合的な学習の時間や道徳の時間などを使い、現在3年間で7時間の計画で実施している。この実践は、もともとは別の中学校の養護教諭が1990年代はじめから積み重ねてきた実践の成果を基盤に、2008年からその養護教諭と私たちで実践研究として取り組んできたという経緯がある。

 この研究調査で明らかになった性教育実践の大きな問題の一つが、時間の確保の難しさであったが、中学校の場合、各学年2時間3年間、計6時間であれば確保できるという可能性も調査の中で見えた。その限られた時間で、中学生の学習課題についての議論を深め、他の教科との関連、何をどの順番でどのように教えるのかといった研究を積み重ね、その最初の原型ができあがっていった。

 2011年からは、今回の批判を受けた学校の教員がこの実践記録を目にし、先述した子どもたちの状況に必要だと考え、そこで性教育実践づくりに取り組むことになった。

 「性の学習」は、1年生で「生命誕生」「らしさについて考えよう」、2年生で「多様な性」、3年生で「自分の性行動を考える」「恋愛とデートDV」といったテーマで、段階を踏んで計画されている。保健体育の授業でも、「月経」「射精」「性感染症」「エイズ」などについての学習があり、これらは、さまざまな面でつながりを持ちながら展開される。

 この3月、古賀俊昭都議は、「自分の性行動を考える」の授業だけを取り上げて、問題にしたが、子どもたちはこの学習にたどり着く前の「生命誕生」の授業で、「性」について科学的に学ぶことで、「性」が「エロい」ことでも恥ずかしいことでもないことを、1年生の時点ですでに知っている。「らしさ」や「多様な性」を学ぶ中で、自分たちの生き方にとって大切なことであり、人権に関わることだということを学んでいる。こうした前提があって、「自分の性行動を考える」という授業が3年生で展開されるのである。

 この実践で最も重要視していることは、まさに自分たちの問題として「自分の性行動を考える」という経験である。「避妊とは」「中絶とは」といったことの解説だけで終わるのではなく、子どもたち自身が活動し、考えるという、本当の意味でのアクティブラーニングになっている。

性をポジティブにとらえる

 限られた時間で授業を展開しようとするとき、たいていの場合教員は、必要と思われる知識をすべて説明したくなる。しかし、いくら避妊や中絶について解説しても、それが抽象的な知識であればなおさら、自分ごとととらえることは難しい。

 実際、今の日本の学校でコンドームの実物を見せることは ・・・ログインして読む
(残り:約4489文字/本文:約5680文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

田代美江子

田代美江子(たしろ・みえこ) 埼玉大学教育学部教授

1962年生まれ。埼玉大学教育学部教授、社団法人“人間と性”教育研究協議会代表幹事、『季刊セクシュアリティ』(エイデル研究所)編集長 。専門はジェンダー教育学。特に、近現代日本における性教育の歴史、ジェンダー・セクシュアリティ平等と教育をめぐる諸問題を主な研究テーマとしている。近年では、韓国、中国、香港、台湾における性教育研究に取り組んでいる。著書に『教科書に見る世界の性教育』(編著、かもがわ出版、2018)、『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(ユネスコ編、共訳、明石書店、2017)、『ハタチまでに知っておきたい性のこと』(編著、大月書店、2014)、『こんなに違う!世界の性教育』(共著、メディアファクトリー、2011)、『新版人間の性と教育①性教育のあり方、展望 日本と世界、つながりひろがる』(編著、大月書店2006年)など。