メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【公演評】星組『ANOTHER WORLD』

人情たっぷりの落語ミュージカルで笑顔の華を満開にする、紅ゆずるの真骨頂

さかせがわ猫丸 フリーライター


拡大『ANOTHER WORLD』公演から=岸隆子撮影

 星組公演、RAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』とタカラヅカ・ワンダーステージ『Killer Rouge(キラー・ルージュ)』が、4月27日に宝塚大劇場で初日を迎えました。この公演は、第104期初舞台生のお披露目公演でもあります。

 『ANOTHER WORLD』は、死後の世界が舞台の落語噺「地獄八景亡者戯」「朝友」「死ぬなら今」をもとにした純愛冒険物語で、落語ミュージカルという響きが新鮮です。演じるのはもちろん、コメディならこの人の右に出る者はいないでしょう。星組トップスター紅ゆずるさんが、縦横無尽の大活躍を見せ、客席を笑顔の華で満開にしました。

 今秋、台湾公演でも上演されるショー『Killer Rouge』では一転、星組らしいエネルギーが爆発です。紅さんと綺咲愛里さんのトップコンビを中心に、専科から華形ひかるさんを迎え、ますます完成度が高まる礼真琴さんに七海ひろきさんら、星組生が一丸となって、ギラギラと熱く激しく燃えています。(以下、ネタバレがあります)

軽妙な大阪弁で本領発揮の紅

 芝居の前に行われる初舞台生口上では、緑の袴を着た104期生たちが緊張の面持ちで並び、劇場の空気がピリッと引き締まるのもこの時期ならでは。まだ化粧もおぼつかない彼女たちの中から、未来のトップスターも誕生すると思うと、それだけで胸が熱くなってきます。

 お披露目の幕が厳かに下りいったん真っ暗になると、「カーン」という拍子木の軽快な響きが公演の始まりを告げました。パッと明るくなった舞台には、色とりどりの着物に身を包んだ出演者全員がそろい、桜の花が満開に咲いたよう。あでやかなショーからの幕開けに、劇場が一気に華やぎました。

――ここは“この世”と“あの世”の境目。大坂の両替商「誉田屋」の若旦那・康次郎(紅)は、菓子屋「松月堂」の嬢(いと)さん・お澄(綺咲)への恋煩いのあまり、命を落としてさまよっていた。そこへ、鯖に当たったという誉田屋の手伝・喜六(七海)も陽気に合流。さらに江戸一番の米問屋「寿屋」の若主人・徳三郎(礼)も、仲間を引き連れてやってきた。娑婆で遊び尽くした末、退屈しのぎに冥途観光旅行を企て、自ら河豚(ふぐ)にあたったのだと言う。すっかり意気投合した一行は、康次郎の純愛をせめてあの世で成就させてやろうと、同じく恋煩いで死んだらしいお澄を探して、にぎやかな冥途への旅に出るのだった。

拡大『ANOTHER WORLD』公演から、康次郎役の紅ゆずる=岸隆子撮影

 紅さん演じる康次郎は、宝塚らしいキラキラした白装束がよく似合う優男。死者なのに色艶があり、軽妙な大阪弁でさっそく客席を爆笑の渦に巻き込みます。関西という土地柄か、「紅さんがコメディを演じる」という期待の大きさからか、お客様の前のめりな空気も相まって、舞台はさっそく盛り上がります。

 康次郎は頼りないのですが、温かい人柄が周りを惹きつけられずにいられません。根は真面目で優しく、お茶目なところもキュンとさせ、守ってあげたくなってしまうのは、紅さん自身の魅力にも重なります。康次郎ご一行様となら、どんな旅行よりも楽しそうで、思わず参加したくなってしまいました。

 大阪弁のネイティブスピーカーで本領を発揮する紅さんは、まさに無敵です。セリフを言うたび笑いが起こり、果たしてここまで客席を沸かせるタカラジェンヌがいたでしょうか。紅ゆずるの真骨頂まさにここにあり、の舞台となりました。

 七海さん演じる喜六は、康次郎が死んだ責任を問われ、やけ酒をあおった際、5日前の鯖の刺身を食べたことから、コロッと逝ってしまったのでした。深く物事を考えず、ひたすら明るい喜六は、七海さんいわく“愛すべきアホ”。ニコニコしながら着物の袖をつかんで左右に揺れる仕草がたまらなくキュートです。ふだんはクールなイケメンの七海さんですが、とことん3枚目になりきっていて、いとおしさも倍増です。

◆公演情報◆
RAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』
タカラヅカ・ワンダーステージ『Killer Rouge(キラー・ルージュ)』
2018年4月27日(金)~ 6月4日(月) 宝塚大劇場
2018年6月22日(金)~ 7月22日(日) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
『ANOTHER WORLD』
作・演出:谷正純
『Killer Rouge』
作・演出:齋藤吉正

・・・ログインして読む
(残り:約2519文字/本文:約4346文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

さかせがわ猫丸の新着記事

もっと見る