メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【公演評】雪組『凱旋門』

轟悠、思い出の名作を18年ぶりに再演、望海風斗も情熱のラテンダンスで観客を魅了

さかせがわ猫丸 フリーライター


拡大『凱旋門』公演から=岸隆子撮影

 雪組公演ミュージカル・プレイ『凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-、ショー・パッショナブル『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~が、6月8日、宝塚大劇場で初日を迎えました。雪組トップスター望海風斗さんの大劇場2作目は専科の轟悠さんを迎え、2000年に雪組で初演され文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞した『凱旋門』の再演です。

 ドイツから来た外科医ラヴィックと女優の卵ジョアン、そして国を捨てた亡命者たち。時代の波に翻弄されながら懸命に生きた人々を、重鎮・柴田侑宏脚本、演出・振付、謝珠栄のコンビでドラマチックに描き、故寺田瀧雄がつづった名曲の数々が見る者の心を揺さぶりました。当時、雪組トップスターだった轟さんの代表作となったこの作品が、18年の時を経て大劇場に蘇ります。

 2幕の『Gato Bonito!!』は望海さんを中心に、黒塗りメイクで熱く弾けるラテンショーです。出演者たちが“猫”になりきり、カラフルで情熱的なダンスを繰り広げ、芝居とのコントラストがまぶしい公演となりました。(以下、ネタバレがあります)

研ぎ澄まされた男役に深化する轟

拡大『凱旋門』公演から、ラヴィック役の轟悠(右)とジョアン役の真彩希帆=岸隆子撮影

 「パララパララパララ……」切ない旋律の主題歌『雨の凱旋門』を耳にしたことがあるファンは多いのではないでしょうか。18年前に轟さんの代表作となり、すでに伝説化していた『凱旋門』を、再び轟さん自身が演じるなんて、新陳代謝の激しい宝塚ではとても珍しいこと。それだけでも大きな価値がある公演と言えそうです。

――1938年、第二次世界大戦前夜のヨーロッパ。わずかに灯を残すパリの街には、戦火を逃れた亡命者たちが集まっている。ドイツの外科医ラヴィック(轟)もまた、ナチスの強制収容所を脱出し、パリでモグリの医者として生きていた。そんなある雨の日、ラヴィックはセーヌ川の橋で、今にも倒れそうな女ジョアン・マヅー(真彩希帆)を助けるが、ドアマンの友人ボリス・モロゾフ(望海)に世話を頼むと、そのまま3週間、姿を消してしまう。未来のない亡命者にとって、愛が生まれることは許されないと悟ったかのように――。

 オープニングはもちろん、凱旋門が見えるパリの街角。ノスタルジックな空気の中、ソフト帽とスーツ姿の男役たちが静かに踊りだし、望海さんのソロダンス、轟さんの歌とともに高さのあるセットが回りだすと、少しずつ物語の世界へと引き込まれていきました。

 ラヴィックを演じる轟さんは、一分の隙もなくスーツを着こなし、その麗しさは18年前と少しも変わりません。それだけでなく、ダンディーな佇まいには重厚さが増し、より研ぎ澄まされた男役へと深化していました。呼吸や表情で演じられるのは、轟さんだからこそ出せる大人の渋み。女性がここまで男性に同化できる、宝塚歌劇“匠の技ここにあり”と言えるでしょう。

 ラヴィックの目の前に突然現れたジョアンは、希望を失くして生きていた彼に、再び人としての感情を呼び起こします。戦時下のパリで見つけた束の間の幸せと、愛するがゆえの葛藤、戦争がもたらす悲劇を、轟さんらしい深い演技力で周囲を巻き込んでいきました。

◆公演情報◆
ミュージカル・プレイ『凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による―
ショー・パッショナブル『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
2018年6月8日(金)~ 7月9日(月) 宝塚大劇場
2018年7月27日(金)~ 9月2日(日) 東京宝塚劇場
公式ホームページ
[スタッフ]
『凱旋門』
脚本:柴田侑宏、演出・振付:謝珠栄
『Gato Bonito!!』
作・演出:藤井大介

・・・ログインして読む
(残り:約2858文字/本文:約4414文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

さかせがわ猫丸の新着記事

もっと見る