メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

村井良大インタビュー/上

ミュージカル『あなたの初恋探します』、オリジナルキャストで再演

真名子陽子 ライター、エディター


拡大村井良大=撮影・宮川舞子/ヘアメイク・森かおり/スタイリスト・吉田ナオキ〈衣装協力・カットソー /ILL IT(プリマクレール アタッシュプレス):03-3770-1733、パンツ/BLUE IN GREEN pr:03-6434-9929、その他/スタイリスト私物〉

 ミュージカル『あなたの初恋探します』が7月から再演される。韓国で2006年から8年もロングラン上演したロマンティック・コメディ・ミュージカル『キム・ジョンウク探し』の日本版。2016年に村井良大、彩吹真央、駒田一の3名で上演され、今回も同じキャストでの上演となる。村井良大に話を聞いた。

三人が、まあ、仲が良くて!

――2年ぶりの再演のお話を聞いたときの感想は?

 ただ、同じ演目を再演するということだけでなく、初演と同じキャストでできるということがとても大きいですね。一さんと彩吹さんと僕の三人が、まあ、仲が良くて!

――そうなんですね。それは初演のときに仲良くなったんですか?

 そうです。初演のときにみなさんと初めてお会いしたんですが、すぐに仲良くなったんです。今でも千秋楽の日のことを覚えているんですが、大阪で大千秋楽が終わって打ち上げをした後に、一さんをホテルまでお送りしようってなったんです。部屋の前までみんなで行って、一さんが「このドアを閉めたら終わりなんだ…寂しいね」っておっしゃって。「また会えるようにがんばろう」「また会おうね、また遊ぼうね」ってお別れしたんです。稽古中から何度も食事に行って、たくさんお話をしました。年齢もバラバラなんだけどすごく楽しくて、とても良いメンバーだったんです。だから今回、そのメンバーでできるということは大きいんです。メンバーが変わると雰囲気が変わってしまいますからね。

――そこまで仲良くなるのは珍しいんですか?

 そんなことはないんですけど、人数が少ないので必然的に仲良くなりますね。また三人っていうのが良いんですよ。4人だと2:2に分かれちゃうけど、3人だと自然と集まりますし、バランスが良かったですね。

――お稽古場以外ではどんなお話をされるんですか?

 もう、芝居の話をずっとしてます。4割くらい脱線してるけど(笑)。でもほとんど芝居の話ですね。どうやって稽古を進めていったら良いか、とか。やっぱり三人で物語を回さないといけないから大変だったんです。密な芝居というか……少人数なのでギュッとまとまらないといけませんでしたから。

――やはり駒田さんがお二人を引っ張ってくださるんですか?

 そうですね。最年長ですし、役者として大ベテランですから。役もマルチマンとしてほぼ全シーンに出ますので、そう意味でも僕たちを引っ張ってくれました。

ドタバタコメディなので体力的に大変

拡大村井良大=撮影・宮川舞子/ヘアメイク・森かおり/スタイリスト・吉田ナオキ〈衣装協力・カットソー /ILL IT(プリマクレール アタッシュプレス):03-3770-1733、パンツ/BLUE IN GREEN pr:03-6434-9929、その他/スタイリスト私物〉

――初演のときはどんな感じだったんですか?

 当時はミュージカルへの出演が2本目くらいでしたし、僕自身の中でも大変なことがたくさんありました。初演に比べて今回は少し余裕が出てくるかなと思うので、力を抜いてできそうだなと思っています。

――どんなところが大変だったんですか?

 体力的に大変でしたね。ドタバタコメディなので、めちゃくちゃ動きますし、走り回ったりダンスもあったり……。韓国版は日本版のように動かないんですけどね。

――そうなんですね。

 劇場が小さいので、狭いから動けないというのはあるんですけど。初演が終わってから韓国版のショートバージョンを観たんですけど、あまり動きがなくて、え?こんなに動いてないの!? 僕たちすごくがんばったのにすごくラフにやってるんです。韓国ではロングランで上演していて、上演時間も90分でチケット代も日本と比べて安いんです。でも日本だとロングランは難しいので期間が短くなってしまうから、必然的にチケット代が高くなってしまうんですよね。そんなこともあって、満足していただける上演時間になるようにいろいろ盛り込んで日本版として作ったんです。

――じゃあ、脚本も違うんですか?

 いや、そんなに違わないんですけど、ひとつひとつを細かく作っていったという感じです。

◆公演情報◆
ミュージカル『あなたの初恋探します』
2018年7月21日(土)~7月28日(土) 東京・オルタナティブシアター
2018年8月4日(土)~8月5日(日) 福岡・大野城まどかぴあ 大ホール
2018年8月14日(火)~8月15日(水) 豊橋・穂の国とよはし芸術劇場 PLAT
2018年8月18日(土)~8月19日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
公式ホームページ
[スタッフ]
上演台本・作詞・演出:菅野こうめい
音楽監督:かみむら周平
振付:広崎うらん
[出演]
村井良大、彩吹真央、駒田一
〈村井良大プロフィル〉
東京都出身。2007年のドラマ『風魔の小次郎』でドラマ初主演を飾り、その舞台版でも主役を務める。以降『仮面ライダー ディケイド』『戦国鍋TV』などテレビ番組で人気を集める。最近の主な出演作は、『99才まで生きたあかんぼう』『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』『真田十勇士』『SHOW ル・リアン』『RENT』など。10月には『魔界転生』への出演が決まっている。
村井良大公式ブログ

・・・ログインして読む
(残り:約2632文字/本文:約4683文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の新着記事

もっと見る