メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

ケラリーノ・サンドロヴィッチが放つ新たな挑戦!

新作公演KERA・MAP #008『修道女たち』 2018年秋、上演決定

キューブ 提供


拡大上段左から、鈴木浩介、鈴木杏 緒川たまき、下段左から、みのすけ、高橋ひとみ、犬山イヌコ

 2018年に結成25周年を迎え、いまだ人気の衰えるところを知らない劇団「ナイロン100℃」を主宰するケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)。KERAの劇団以外の演劇活動の場として、2001年にスタートしたKERA・MAPが新作を発表する。近年、#006『グッドバイ』、#007『キネマと恋人』が、立て続けに名だたる演劇賞を受賞。作・演出舞台は完売必至。ますます注目が高まっている。

 #008のタイトルは『修道女たち』。2018年秋、10月~12月に上演。KERAのホームとも言える下北沢・本多劇場で待望の新作書き下ろし公演となる。

 キャストには、演劇界で活躍する、色とりどりの層の厚い女優陣が結集。女性の心理を巧みに描くことに定評のあるKERAが、今回、これだけ多彩な女優陣をどう描き切るか、期待が高まる。その女優達に対峙する、鈴木浩介、みのすけという実力派俳優の存在も頼もしく、きっと濃度の高い演劇空間となることだろう。

拡大ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■ケラリーノ・サンドロヴィッチ コメント

 宗教とは無縁な私が聖職者の物語を描きたいと欲するのは何故なのだろう。理由はいくつでも挙げられる。
 第一に、禁欲的であらねばならぬというのが魅力的。奔放不覊な人間を描くよりずっと面白い。「やっちゃいけないことばかり」というシチュエーションは、コントにもシットコムにももってこいだ。
 第二に、宗教的モチーフが、シュールレアリズムやマジックリアリズム、或いは不条理劇と非常に相性がよい。不思議なことがいくら起こっても、「なるほど、神様関係のお話だからな」と思ってもらえる。
 時間が無くて二つしか思い浮かばなかったが、かつて神父を登場人物にした舞台をいくつか描いてきた私が、満を持して修道女の世界に挑む。しかも複数だ。修道女の群像劇である。どんなテイストのどんなお話になるかは神のみぞ知る。ご期待ください。

■鈴木杏 コメント(4年ぶりのKERA作品出演)
 KERAさんの作品にまた出演させて頂ける事が光栄でとても嬉しいです。どこまででもついて行く気持ちで、沢山KERAさんに遊んでもらえるような良い素材でいられたらな、と思っています。
 「修道女」というテーマに、凄くワクワクしています。KERAさんの世界の中の修道女って、きっと何か一筋縄でいかない、どうしてもシュールレアリズム的なものになっていくんじゃないかな、というイメージを勝手にしていますが、その変貌をとても楽しみにしております。

◆公演概要◆
KERA・MAP #008『修道女たち』
2018年10月20日(土)~11月15日(木) 東京・下北沢 本多劇場
2018年11月下旬予定 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
2018年12月上旬予定 北九州芸術劇場 中劇場
・東京公演チケット/8月25日(土)から一般発売開始
※「キュービットクラブ」チケット最速先行は7月11日から受付開始
お問い合わせ:キューブ TEL 03-5485-2252(平日12時~18時)
最新情報はこちら
[スタッフ]
作?演出:ケラリーノ?サンドロヴィッチ
[出演]
鈴木杏、緒川たまき、鈴木浩介、伊勢志摩、伊藤梨沙子、松永玲子、みのすけ、犬山イヌコ、高橋ひとみ
[企画・製作]キューブ