メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「1968」の敗北を経て見えてきたもの

学習塾、市民との読書会、ヘーゲルの翻訳……。在野の哲学者が語る闘争後の日々

長谷川宏

長谷川宏さん拡大長谷川宏さん

 「1968年 全共闘とは何だったのか?」に続いて、ヘーゲルの翻訳やエッセイで知られる哲学者の長谷川宏さん(78)のお話を。今回は闘争の1968年が幕を閉じ、東大安田講堂の攻防戦と陥落ではじまった1969年から語っていただいた。(聞き手 朝日新聞論説委員・藤生京子)

「沖縄反戦デー」のデモで約30人の逮捕者

1969年の1月18、19日のいわゆる安田講堂攻防戦と、その陥落後、東大の多くの学部では次々とストライキ決議が否決され、授業が再開されていく。だが文学部は、同年3月に再度、ストが決議される。バリケードもそのまま残った。

――普通に考えれば、もうあきらめよう、という機運に傾いてもおかしくなかったのでは。

 そういう気分はあまりありませんでした。全共闘は全国的に結成の動きが広がっていったし、大学当局の強権的な支配に抵抗しなければ、との思いは多くの仲間たちに共有されていた。文学部は、法学部や工学部のように社会の中枢を約束された集団と違い、もうちょっと自由に、好き勝手にやるという感じ。主流でないぶん、左翼の風潮は強くて。

 4月28日には「沖縄反戦デー」にあわせて、全学で数千人を集めるデモがあった。山手線が閉鎖され機動隊の挟み撃ちにあうのですが、文学部は院生を中心に30人くらい逮捕者が出た。学内全体としてみれば残務整理をこなすような日々の中で、盛り上がりもあったんですね。

大所高所からトリビアまで、広がった議論

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

長谷川宏

長谷川宏(はせがわ・ひろし) 

1940年、島根県生まれ。58年、東大文科一類入学。文学部哲学科に進み、68年、大学院人文社会系博士課程満期退学。70年、大学を離れて埼玉県所沢市で学習塾を開く。単著に『ことばへの道』『ヘーゲルの歴史意識』『黒田喜夫―村と革命のゆくえ』『同時代人サルトル』『丸山眞男をどう読むか』『初期マルクスを読む』『日常の地平から』『日常を哲学する』。共著に『魂のみなもとへ』(谷川俊太郎との共著)など。2015年、古代から近世までの美術、文学、思想をたどった『日本精神史』(上下巻、講談社。パピルス賞)が話題に。訳書に『精神現象学』(ドイツ政府から、レッシング翻訳賞)をはじめ、ヘーゲル、マルクス、フッサール、アランなど多数。