メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

セクハラ――「これは僕らの問題です」

上野千鶴子 社会学者

 セクハラの何が問題なのか? セクハラは人権侵害の不法行為であるという法理はすでに成り立っている。侵害されるのは、どんな人権か? 「意に反する性的言動」が侵すのは「性的自己決定権」という人権である。だがほんとうにそれだけか? セクハラに対する、人権侵害ということばでは言い尽くせないこの不快さには、もっと根の深い根拠がある。

・・・ログインして読む
(残り:約2922文字/本文:約4266文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

上野千鶴子

上野千鶴子(うえの・ちづこ) 社会学者

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長。1994年、『近代家族の成立と終焉』でサントリー学芸賞、2011年朝日賞受賞。著書に、『ナショナリズムとジェンダー』『生き延びるための思想』『おひとりさまの老後』『身の下相談にお答えします』『男おひとりさま道』『おひとりさまの最期』など多数。近刊に『女ぎらい――ニッポンのミソジニー』(朝日文庫)。